ホンダ、ハイブリッド・スクーターの市販準備

エコカー 燃費
ホンダ、ハイブリッド・スクーターの市販準備
  • ホンダ、ハイブリッド・スクーターの市販準備
  • ホンダ、ハイブリッド・スクーターの市販準備
ホンダは24日、排出ガスの低減と燃費の向上を目的とした、電動/内燃エンジン併用ハイブリッド・スクーターのプロトタイプを発表した。収納スペースを確保した、「市販化に近づけた」(ホンダ)モデルとして開発された。

プロトタイプは、後輪直接駆動式モーターを採用したシリーズ・パラレル式ハイブリッドシステムを採用。エンジン排気量は50cc。アイドルストップ機構搭載のスターターACG(交流発電機)や電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)、電子制御ベルトコンバーターなど、ホンダの既存環境技術を搭載する。

二次電池としてニッケル水素電池をフロントカウル内に収め、ハイブリッドシステムの小型化で、収納スペースは確保しながら、原付スクーター『ディオZ4』と同等の車体サイズを実現した。重量はディオZ4に対して10kg以内の増加に抑えた。

ハイブリッドシステムは、エンジンで発電して電動モーターを作動させるシリーズ走行と、エンジン駆動をモーターがアシストするパラレル走行の、切り替えが可能。低負荷領域はシリーズ走行し、高負荷領域では、ベルトコンバーターがエンジンに最適なレシオを与えるパラレル走行になる。

また、減速エネルギーをバッテリーに充電し、高負荷走行領域では充電エネルギーを活用する。さらに停車中や減速時にはアイドルストップも行なう。

これらによりディオZ4に対して、燃費では30km/h定地燃費で1.6倍以上、CO2で37%以上の削減を目指している。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、燃料電池二輪車を開発 画像 ホンダ、燃料電池二輪車を開発
  • トヨタ、ハイブリッド2車種を発売延期 画像 トヨタ、ハイブリッド2車種を発売延期
  • トヨタ・プリウス、早くも特別仕様車を設定 画像 トヨタ・プリウス、早くも特別仕様車を設定
  • トヨタ、来年からプリウス増産し年18万台に 画像 トヨタ、来年からプリウス増産し年18万台に
  • ホンダ、ハイブリッド除雪機に初心者用を設定 画像 ホンダ、ハイブリッド除雪機に初心者用を設定

特集