【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編
  • 【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編
  • 【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編
  • 【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編
  • 【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編
  • 【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編
  • 【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編
  • 【日産歴代車】傍らには、いつもレースがあった…スカイライン〜前編
航空機メーカーから転進したプリンス自動車の代表作がスカイラインだ。1957年4月に誕生した初代の『ALSI型』は1.5リッターの4気筒OHVエンジンを積み、クラス最強の実力を誇った。グロリア誕生後には1900シリーズも登場する。

また、62年4月にイタリアのジョバンニ・ミケロッティがデザインを手がけた『スカイライン・スポーツ』も発売に移された。グロリアのシャシーを用い、2ドアクーペとコンバーチブルがある。エンジンは1.9リッターのGB4型4気筒OHVだ。

63年秋のモデルチェンジで『S50型』に生まれ変わる。心臓はメンテナンスフリーを謳った1.5リッターの4気筒だ。

そのボンネットを延ばし、グロリア・スーパー6のG7型2リッター直列6気筒SOHCエンジンを積んだのが、『S54型』スカイラインGT(後のGT-B)である。第2回日本グランプリのために開発され、限定販売された。65年には正式なカタログモデルとなる。

日産自動車と合併後の68年夏、3代目の『C10型』にバトンを託した。9月にロングノーズに2リッターのL20型直6エンジンを収めた2000GTを投入。翌69年2月にはレースで常勝を誇ったGT-Bの後継、2000GT-Rを発売する。エンジンは日本初のDOHC・4バルブだ。70年秋に2ドアハードトップが加わり、GT-Rも2ドアとなる。

ハコスカの愛称で愛されたC10型は、72年9月に4代目の『ケンとメリー』に主役の座を譲った。73年1月にGT-Rが登場したが、200台足らずを生産しただけで姿を消す。
《片岡英明》

編集部おすすめのニュース

  • 【日産歴代車】写真蔵…“栄光のニッサン”の足跡を求めて 画像 【日産歴代車】写真蔵…“栄光のニッサン”の足跡を求めて
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編 画像 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…前編
  • 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…後編 画像 【日産歴代車】セドリック/グロリアの源流をたどる…後編
  • 【日産歴代車】ニッサンの象徴たる…フェアレディ/フェアレディZ 画像 【日産歴代車】ニッサンの象徴たる…フェアレディ/フェアレディZ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース