【新聞ウォッチ】日産、新型車の追加投入で国内販売テコ入れ

モータースポーツ/エンタメ 出版物
【新聞ウォッチ】日産、新型車の追加投入で国内販売テコ入れ
  • 【新聞ウォッチ】日産、新型車の追加投入で国内販売テコ入れ
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2004年4月20日付

●三菱自動車4500人削減、国内は1000人超、三菱ふそう会長に堀氏(読売・2面)

●元気な名古屋経済(1)/トヨタ自動車張冨士夫社長、長期重視は不変、万博技術的アピールの場に(読売・8面)

●「影武者出頭」警察見抜けず、速度違反の罰金刑双子弟が再審無罪(朝日・39面)

●三菱大型車タイヤ脱落、危険度を格下げ、94年「整備不良」判断以降(毎日・30面)

●「トラック装飾板」待った。死傷事故受け国交省が禁止検討(毎日・30面)

●財政運営に企業トップの知恵、財務省の参与会議初会合、メンバーに張冨士夫・トヨタ社長ら(産経・8面)

●財務省課長、トヨタ転身か(産経・11面)

●「イラク混迷で石油高騰」悪質な先物取引急増/国民生活センター調査(産経・31面)

●夏時間で交通事故減らし? 交通量ピーク暗くなる前に(東京・3面)

●日産が新型8車種、100万台増販計画、国内てこ入れ、「サニー」など廃止も(日経・1面)

●三菱自動車再建、モデルは日産、ダイムラー、支援を決定、再建資金、総額7000億円、V字回復には課題(日経・11面)


ひとくちコメント

日産自動車が今年度から来年度上期にかけて、SUV(多目的スポーツ車)などで従来計画より2車種多い計8車種を新たに発売し、国内販売をテコ入れするという。きょうの日経が1面トップで報じている。

日産は、26日に都内ホテルでカルロス・ゴーン社長が「日産180」の進捗状況を発表するが、世界販売を2001年度比で100万台増やす当初計画を達成させるには、低迷を続ける国内販売が最大のネック。

『サニー』など3車種は名称を廃止する方向で検討を始めたというが、国内市場はハイブリッド車などのエコカーがトレンディ。トヨタなどから最先端の技術を譲り受けるとはいえ、名称変更やスタイリング重視の新型車追加投入がユーザーにどこまで受け入れられるか……。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

  • 日産人事…国内販売部門役員を更迭、北米重視へ 画像 日産人事…国内販売部門役員を更迭、北米重視へ
  • 05年9月に結果を見てほしい---ゴーン社長 画像 05年9月に結果を見てほしい---ゴーン社長
  • 【東京ショー2003続報】日産『Cノート』のあやふや 画像 【東京ショー2003続報】日産『Cノート』のあやふや
  • 【新聞ウォッチ】三菱ふそう宇佐美会長辞任と“Xデー” 画像 【新聞ウォッチ】三菱ふそう宇佐美会長辞任と“Xデー”
  • 【トヨタ・パートナーロボット】一気に3タイプ公開…これがトヨタの技術だ 画像 【トヨタ・パートナーロボット】一気に3タイプ公開…これがトヨタの技術だ

特集