日野のディーゼル排出ガス低減技術が、日本機械学会賞

エコカー 燃費
日野のディーゼル排出ガス低減技術が、日本機械学会賞
  • 日野のディーゼル排出ガス低減技術が、日本機械学会賞
  • 日野のディーゼル排出ガス低減技術が、日本機械学会賞
日野自動車は、新開発したDPR(ディーゼル微粒子除去装置)とコンバインドEGRシステムを採用した大型商用車用超低排出ガスディーゼルエンジンの技術が2003年度日本機械学会賞(技術賞)を受賞したと発表した。

受賞した大型ターボインタークーラーエンジンは新短期排出ガス規制、超低PM排出ディーゼル車認定制度の85%低減レベル(4ッ星)に適合させ、2003年11月に発売した大型トラック『プロフィア』に搭載している。

日本機械学会は、機会、機械システムとその関連分野に携わる約約4万3000人の技術者で構成する学会で、技術賞は技術面で優れ、かつ量産される技術に対して贈られる賞で、受賞はその技術の先進性、高度な技術レベルが評価されたとしている。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース