60年代のマッスルカー、ダッジ『チャージャー』復活へ

自動車 ニューモデル 新型車

60年代のマッスルカー、ダッジ『チャージャー』復活へ
  • 60年代のマッスルカー、ダッジ『チャージャー』復活へ
クライスラーグループでは、60年代に一世を風靡したダッジ『チャージャー』の後継モデルを開発中だという。

デトロイト周辺の情報によると、このスポーツマッスルカーは2006年モデルでの発売が予定されており、新型のクライスラー『300』やダッジ『マグナム』に使われている「LX」アーキテクチャーを採用。

ただし新チージャーは4ドアクーペで、フロントドライブとなる公算が強く、ライバルとしてはトヨタ『カムリ』、フォード『ファイブハンドレッド』あたりとなりそうだ。

ダッジでは過去にも「アイデア・カー」コンセプトとしてチャージャーの現代版を発表したことがあるが、新チャージャーがどのようなデザイン、パワーで開発されるのか、といった詳細は未定。

おそらくはレトロフィットなデザインと最新のパワーという組み合わせになるのだろうが、今後の情報に期待したい。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集