TAGホイヤーがF1の公式タイムキーパーから撤退

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
F1オフィシャルタイムキーパーのTAGホイヤーが、F1での活動を大幅に縮小することが決定した。

80年代後半頃から長年タイムキーパーを務めてきた同社だが、このたびアメリカIRLからのコラボレートのオファーを受けることを決断。IRLでは現在F1に使用されている1/1000秒のさらに上となる、1/10000秒の計測を必要としており、TAGホイヤーにとっても大きなチャレンジとなる。

FIA側からは正式発表されていないが、F1計時システムの後任にはスウォッチが濃厚と見られている。またTAGホイヤーは、F1では今後マクラーレンのスポンサーとして活動を継続していくとこのこと。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ライコネン、みずからの開幕ノーポイントを予想 画像 ライコネン、みずからの開幕ノーポイントを予想
  • デンソー、トヨタF1とスバルWRCのスポンサーに 画像 デンソー、トヨタF1とスバルWRCのスポンサーに
  • F1の派手な新型車発表会、その裏側 画像 F1の派手な新型車発表会、その裏側
  • 【IRLテスト本格化】300km/hオーバーでサイドbyサイド 画像 【IRLテスト本格化】300km/hオーバーでサイドbyサイド

特集