【インプレ'04】津々見友彦 ダイハツ『タント』 普通車に迫る質感とパッケージング

試乗記 国産車

【インプレ'04】津々見友彦 ダイハツ『タント』 普通車に迫る質感とパッケージング
  • 【インプレ'04】津々見友彦 ダイハツ『タント』 普通車に迫る質感とパッケージング
ボクシーなスタイリングでかわいい。そしてインテリアデザインは軽とは思えないセンスのよさで、モダンで質感も高い。フロントシートのデザインもよく、座り心地も満足。リヤシートもグッドだ。

運転席は広くていいのだが、ややセレクターレバーとパワーウインドスイッチが遠くて使いづらい。一方でぺダルが近すぎる感じだ。

アイドリングは静かで、走り出してもエンジンノイズは小さい。動力性能も軽快で市街地の走りでも不満はない。乗り心地はいいが、その分ロール速度が速いきらいがあり、コーナリング時の傾きは大き目。だが操縦性には不安はなかった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集