【インプレ'04】熊倉重春 スズキ『ワゴンR』 原点に回帰した第3世代

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 スズキ『ワゴンR』 原点に回帰した第3世代
  • 【インプレ'04】熊倉重春 スズキ『ワゴンR』 原点に回帰した第3世代
発展性のあるモデルチェンジかどうかは疑問だ。軽ワゴン界に革命を起こした初代のイメージに回帰したのは、ある意味で新しいアイディアがなかった結果にも見える。

でも機械としての完成度は高いから、乗って楽しく使って便利。性能も室内スペースもダイハツ・ムーヴと互角の勝負だ。助手席の下の物入れなど、細かい気配りも嬉しい。

一番のオススメは中間パワーのライトプレッシャー・ターボ。楽々と大パンチを出しながら全体のバランス感も優れている。乗り心地もどっしりしていて、コーナーでも重心の高さを感じにくい。手慣れたスズキらしい仕事ぶりだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


熊倉重春|モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集