【東京ショー2003出品車】埋もれない個性---スバル『R2』

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京ショー2003出品車】埋もれない個性---スバル『R2』
  • 【東京ショー2003出品車】埋もれない個性---スバル『R2』
  • 【東京ショー2003出品車】埋もれない個性---スバル『R2』
  • 【東京ショー2003出品車】埋もれない個性---スバル『R2』
  • 【東京ショー2003出品車】埋もれない個性---スバル『R2』
  • 【東京ショー2003出品車】埋もれない個性---スバル『R2』
エモーショナル&スポーティ&ファンクショナル……スバルが掲げたデザインコンセプトを形にした『R2』。初代R2のモノづくりいう原点に立ち返り、市場に対する「チャレンジ」を挑んだデザイン。スバルの新イメージを担うこのクルマは埋もれない個性を放つのだろうか。

「『プレオ』は結果的に見て埋没していました。スバルらしさを視覚的に表現するため、私たちはまずチャレンジすることを考えました」と語るのは商品企画部の高橋賢司主事。

「パッケージングから見直し、ホイールベースをプレオ+50mm、Aピラーの立ち上がりを20mm前にしました。これは社内基準から徹底的に見直し、安全にこだわった結果で、ワンモーションフォルムでAピラーを寝かせると力を分散させることができます。また特徴的なのがサイドプロテクターです。羽根のイメージとともに、スピーディな走りを表現しています。本当は後ろのウィンカーも光らせたかったんですが(笑)」

「基本性能を徹底的に作りこみました。スバルは車種が限られているため、一球入魂、まさに0からスタートでした。二段格上の走りと埋もれないデザインでスバルらしさをユーザーに伝えられるクルマだと思います」と語った高橋氏。スバルの夢を乗せ、R2が飛び立つ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集