【新型日産『プレサージュ』発表】ドア操作ボタンに誤作動防止の工夫

自動車 ニューモデル 新型車

【新型日産『プレサージュ』発表】ドア操作ボタンに誤作動防止の工夫
  • 【新型日産『プレサージュ』発表】ドア操作ボタンに誤作動防止の工夫
  • 【新型日産『プレサージュ』発表】ドア操作ボタンに誤作動防止の工夫
最近のミニバンはリアのスライドドアの開閉を自動化しているものが増えてきた。日産もこれを一つの特長としており、『エルグランド』、『セレナ』、『リバティ』で“リモコンオートスライドドア”として採用。当然ながらこれは新型『プレサージュ』にも採用されている。

「ただし、プレサージュの自動化は既存車とは一味違います」と語るのは第一車両開発本部の浜之上幸雄・主担。プレサージュの場合はスライドドアだけではなく、セカンドシートの前傾動作まで自動化した“セカンドシートリモコンウォークイン”も新たに採用しており、サードシートへのアクセスを容易にしている。

「スライドドアに関してはリモコンキー、運転席のボタン、グリップ内蔵のボタン、ドアハンドル操作で開閉が可能です。セカンドシートの前傾は運転席のボタン操作のみが自動で、3列目からはプルリングを引っ張るという従来通りの手動操作となります」と浜之上主担。

便利な自動化だが、神経を使ったのは誤操作の防止だと浜之上主担は説明する。いきなりスライドドアが開いてしまったり、シートがいきなり前傾したら確かに困る。

この点について浜之上主担は「運転席のボタン類は長押しを基本としています。軽く触った程度ではなく、しっかりとボタンを押して初めて動作する。セカンドシート前傾はさらに念を入れており、ボタンに指を入れ、下に押し込むといったアクションを要求しています。操作しているという実感をドライバーに持たせることが大切なのです」と語り、自動化=スピーディではないとも強調する。

誤操作防止という面では、グリップに内蔵されたドア開閉ボタンもその対策を実施している。グリップは“握るためにある”ので、ボタンはそれに影響を与えない最下方に付けてある。

さらにはわずかではあるがノッチを付けて奥に配置しており、意図しなければ操作できないという工夫も施した。ボタンが露出していた方が操作しやすいが、誤操作防止という面を重視した場合にはこれがベストだという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集