【新型日産『プレサージュ』発表】渋い特別仕様車「ライダー」も設定

自動車 ニューモデル 新型車
日産自動車の関連会社のオーテックジャパンは、『プレサージュ』のモデルチェンジに合わせて特別仕様車「ライダー」を設定して7月24日から発売する。

『プレサージュ・ライダー』は、「スピード感、存在感漂うスポーティミニバン」をコンセプトに開発、ダイナミックで存在感のあるスタイルを表現した特別仕様車。クロームメッキを施した重厚感のあるフロントグリルや存在感のあるフロントエアロバンパー、専用シート地、パーシモン(柿の木)柄の専用木目調フィニッシャーを採用した。個性的ながら、まとまり感のある雰囲気としている。

さらに、東洋ゴム工業製の『TRANPATH MP3』の専用タイヤ、専用チューニングを施したサスペンションを採用、高速安定性の高いスポーティなハンドリングを実現した。

価格はQR25DE(FF)がベース車の36万円アップの249万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集