【株価】円高を嫌気し全面安---いすゞだけは一段と人気化

日産自動車が4日ぶりに反落。トヨタ自動車、ホンダも続落した。フォードのデビッド・サースフィールド副社長が「コスト削減に向け、マツダとの間接部門の統合をさらに進める」とのコメントが市場に流れたが、株価は無反応だった。

自動車 ビジネス 株価
【株価】円高を嫌気し全面安---いすゞだけは一段と人気化
  • 【株価】円高を嫌気し全面安---いすゞだけは一段と人気化
先週末に米国株式が下落したことを嫌気し、全体相場は4日ぶりに反落。円高を受けて輸出関連株が幅広く売られ、自動車株も全面安となった。

日産自動車が前週末比3円安の996円と4日ぶりに反落。トヨタ自動車、ホンダも続落した。フォードのデビッド・サースフィールド副社長が「コスト削減に向け、マツダとの間接部門の統合をさらに進める」とのコメントが市場に流れたが、株価は3円安の259円と無反応だった。

全面安の中にあって、いすゞは6円高の155円と一段と人気化している。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集