スズキ『スイフト』改良!! ……据え置き79万円&新設定上級グレード

自動車 ニューモデル 新型車

スズキは、小型車『スイフト』を一部改良して12日から発売した。

今回の改良は、フロントグリル、フルホイールキャップを新デザインのものを採用した。アンテナをルーフ先端部中央よりに配置した。精悍な印象となるブルーリフレクター式ヘッドランプも採用、サイドターンランプにはクリアタイプに変更した。リヤワイパーにはすっきりしたデザインの樹脂製アームを採用した。

内装では、リヤシートの着座位置を50mm後方へ移動、後席乗員の足元スペースを拡大した、ドアトリムを新設計、最大室内幅を40mm増やし、肘まわりの余裕を拡大した。シート形状と表皮を変更、インパネセンターガーニッシュなどにプロテイン塗装を採用した。

また電動格納式リモコンドアミラー、CDステレオ、ヒーテッドドアミラー(4WD)を装備した上級グレード『SG-X』を新たに設定した。

価格は、2WDは据え置き、『SG-X』の2WD・4ATが94万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集