元フェラーリF1のエンジニアがスパイ容疑

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

元フェラーリF1のエンジニアがスパイ容疑
  • 元フェラーリF1のエンジニアがスパイ容疑
ドイツのモータースポーツ雑誌『Auto Motor und Sport』によると、元フェラーリのエンジニアが、昨シーズン大成功を収めた「F2002」の強さの秘密をライバルチームに売り込もうとしていたという。フェラーリ側は即座にこの噂を否定したが、スパイ容疑がかけられている技術者はフェラーリ、ルノー、マクラーレンを短い期間で渡り歩いていた模様。

記事によると、技術者が情報を持ち込もうとした先はトヨタである可能性が高いという。この噂に対しトヨタのオベ・アンダーソン代表は「フェラーリのエンジニアが我々にデータ提供を持ちかけてきたことはない。元フェラーリだろうが、現役だろうが、トヨタ・モータースポーツがそのような産業スパイを容認することは決してない」と噂を完全否定している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集