【F1スペインGP決勝】フェラーリ「F2003-GA」デビューウィン

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1スペインGP決勝】フェラーリ「F2003-GA」デビューウィン
  • 【F1スペインGP決勝】フェラーリ「F2003-GA」デビューウィン
  • 【F1スペインGP決勝】フェラーリ「F2003-GA」デビューウィン
  • 【F1スペインGP決勝】フェラーリ「F2003-GA」デビューウィン
  • 【F1スペインGP決勝】フェラーリ「F2003-GA」デビューウィン
4日、F1グランプリ第5戦スペインGP決勝はフェラーリのミハエル・シューマッハが優勝。初投入のニューマシン「F2003-GA」に初勝利をプレゼントした。フェラーリは前日の予選から別格の速さを披露しフロントロウを独占、シューマッハは万全のレースで通算66勝目を挙げた。

2位には母国グランプリに燃えるフェルナンド・アロンソ(ルノー)が大健闘し、ルーベンス・バリケロ(フェラーリ)を抑え自己最高となる2位表彰台を獲得、カタルーニャサーキットに駆けつけたファンから大声援を受けた。

気温が上がり、予想以上にタイヤに厳しいレースとなり多くのチームが3ストップ作戦を決行。2ストップ作戦のウィリアムズは4、5位に入った。ポイントリーダーのキミ・ライコネン(マクラーレン)がスタートでクラッシュ、チームメイトのデイビッド・クルサードも接触リタイア。マクラーレンと追うフェラーリとのポイント差はわずか3ポイントとなった。

予選でジェンソン・バトン(B・A・Rホンダ)が5位、オリビエ・パニス(トヨタ)が6位と期待された日本勢だが、パニスとジャック・ビルヌーブ(B・A・Rホンダ)はリタイヤ。バトンはポイント圏外の10位フィニッシュに沈んだ。その中で奮闘したのがトヨタのクリスチアーノ・ダマッタ。最後はラルフ・シューマッハを果敢に攻め、追い抜きには成功しなかったが6位入賞を果たし、嬉しい初ポイント3を獲得した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集