三菱電機のETC、フロントガラス貼付---日本最小サイズで新登場

自動車 テクノロジー ITS

三菱電機のETC、フロントガラス貼付---日本最小サイズで新登場
  • 三菱電機のETC、フロントガラス貼付---日本最小サイズで新登場
  • 三菱電機のETC、フロントガラス貼付---日本最小サイズで新登場
  • 三菱電機のETC、フロントガラス貼付---日本最小サイズで新登場
三菱電機は、小型・軽量化、低価格化を実現したETC車載器の新製品として『EP-200』シリーズと『EP-400』シリーズの2モデル3機種を25日から発売すると発表した。

EP-200シリーズは、アンテナ内蔵モデルで、日本初のフロントガラス貼付タイプ、EP-400シリーズはアンテナ・スピーカー分離タイプで従来からの日本最小サイズを維持、さらに低価格化した。同社はETC車載器の商品構成を新製品2モデル3機種に全面的に切り替える。

EP-200シリーズは1万6800円で、月産2万台を目指す。EP-400シリーズは1万7800円と1万9800円で、月産3万台を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集