【株価】全体相場は7日ぶり反発---カヤバ工業、市光工業が人気化

自動車 ビジネス 株価
6日続落したとあって買いが入り、全体相場は7日ぶりに反発。円相場が1ドル=1174円台に軟化したことを好感し、自動車株も全面安となった。

トヨタ自動車が、50円高の2745円と6日ぶりに反発。日産自動車も反発し、ホンダは4000円台を回復した。三菱自動車工業、マツダもしっかり。

部品メーカーの一角が人気化。油圧機大手のカヤバ工業が、03年3月期の連結営業利益が前期比倍増の見通しから7日ぶりに反発、6円高の257円。ランプ大手の市光工業は、日産からSUV、ミニバン向けランプを受注したと報じられ、6日ぶりに反発した。3円高の214円。

●自動車業界の株価動向をウォッチング。メールマガジン「デイリーニュースランキング」では、毎日、株式市場をチェックしています。株価動向はへたな評論家より製品や企業を的確に評価します。ぜひ読者登録を。---
《山口邦夫》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース