いすゞが米国生産から撤退、スバル富士重の単独出資に!!

自動車 ビジネス 企業動向

いすゞが米国生産から撤退、スバル富士重の単独出資に!!
  • いすゞが米国生産から撤退、スバル富士重の単独出資に!!
富士重工業といすゞ自動車は、米国での合弁生産会社SIA(スバルいすゞオートモーティブ)のいすゞの株式全額(49%)を富士重が買い取り、2003年1月1日から完全子会社化する。株式の買収金額は契約後の12月中旬に発表する。

両社の基本合意によると富士重はいすゞの全株式を買い取って、提携関係を解消する。富士重はSIAで、いすゞの『ロデオ』、『アクシオム』の生産を受託する。両社の提携関係解消に伴って生じるSIAの損失費用についていすゞが負担する。

富士重といすゞは1986年から合弁で米国での現地生産を開始したが、いすゞの業績が悪化、とくに北米部門の赤字が深刻で、米国生産から撤退する。日本メーカーが米国生産から撤退するのは初めて。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集