オートバックス、ビクター製カーオーディオ専売モデル発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
オートバックス、ビクター製カーオーディオ専売モデル発売
  • オートバックス、ビクター製カーオーディオ専売モデル発売
オートバックスセブンは、日本ビクター社製専売カーオーディオ『JVC A』シリーズに3機種を新たにラインナップし、6月1日から全国のオートバックス、スーパーオートバックス店舗にて独占販売する。価格は『KW-MZ600』が3万7800円。

『KW-MZ600』の特長はMDグループ再生機能、3バンド10パターンパラメトリックイコライザー、20種類の中から選べるマルチカラーディスプレー、CDチェンジャーコントロール、フロント外部入力端子、CD-R/RW・MDLP対応など。

価格は2DIN MD/CDレシーバーの『KW-MZ600』が3万7800円。MDレシーバーの『KD-MZ300』が2万7800円。CDレシーバーの『KD-CZ500』が2万7800円。

また、これら今回新たにラインナップする3機種に加え、これまでのシリーズ6機種『KW-XZ74』(2DIN CD/カセットレシーバー)、『KD-CZ55』(1DIN CDレシーバー)、『KS-RZ11DA』(1DIN カセットレシーバー)、『CH-PK33DA』(1DIN MDレシーバー+12連奏FMCDチェンジャー)、『CH-Z92RF』(アドオン12連奏FMCDチェンジャー)、『CS-Z30』(アクティブサブウーハー)も引き続き販売し、同シリーズは9種類のラインナップになる。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース