【トヨタ『アルファード』発表】ディーゼル廃止がFF化の要因か?

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ『アルファード』発表】ディーゼル廃止がFF化の要因か?
  • 【トヨタ『アルファード』発表】ディーゼル廃止がFF化の要因か?
  • 【トヨタ『アルファード』発表】ディーゼル廃止がFF化の要因か?
トヨタ『アルファード』は『グランビア』、そして『グランドハイエース』の後継となるクルマだ。これらはFRレイアウトを採用していたが、アルファードはFFレイアウトとなった。プラットフォームには『エスティマ』とほぼ同じものが使われており、量産効果がFF化の一因となったのだろうか。

「どうしてもFFでなくては…とか、どうしてもFRでなくては…というものに固執しなかった。最善の結果を選び、このクルマが出来上がっている」とは、チーフエンジニアの岩田秀行さん。アルファードを開発する際、最重要視されたのがエンジンを含むパワートレインだったという。

環境対応を第一に考えた結果、将来性に疑問のあるディーゼルエンジンが候補からまず脱落。さらに排出ガスの問題と、燃費基準の前倒し適用などを考えた上で、他車にも搭載実績のある3.0リットルの「1MZ-FE」エンジンの採用が決まり、これがFF化を後押しする最大の理由になった。エスティマのプラットフォームを最大限活用しようという考えはその後にまわってきて、開発を行っていた際には「あるから使う」程度の感覚だったようだ。

こうして決まったFF化だが、プロペラシャフトが不必要になったことでフロア高を下げることも可能となり、乗降性の悪さが指摘されていた先代モデルの欠点は、この点においては完全に消滅させたとしている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ『アルファード』発表】他に無かったから作ってみました---これは便利だ 画像 【トヨタ『アルファード』発表】他に無かったから作ってみました---これは便利だ
  • 【トヨタ『アルファード』発表】「来なさい」仇敵日産の復活を歓迎 画像 【トヨタ『アルファード』発表】「来なさい」仇敵日産の復活を歓迎
  • 【トヨタ『アルファード』発表】『エルグランド』に負けない自信あります 画像 【トヨタ『アルファード』発表】『エルグランド』に負けない自信あります

特集

おすすめのニュース