【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル
  • 【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル
  • 【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル
  • 【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル
  • 【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル
  • 【トヨタ『アルファード』発表】ミニバン・フラッグシップ---張社長が口にしたライバル
トヨタ自動車は新型の最上級ミニバン『アルファードG』『アルファードV』を22日発表、発売した。『グランビア』の後継にあたるが、駆動レイアウトはFF=フロントエンジン・前輪駆動となった。「G」はトヨペット店、「V」はビスタ店で販売される。

軽自動車をのぞく乗用車市場で、ミニバンはシェア1/4を占める人気。そのうちグランビアなど3ナンバーではトヨタが5割を超えるシェアをもつ。アルファードは「昨日発表された日産『エルグランド』と同じマーケット」と、報道発表会で張富士夫社長がめずらしく他社の製品名を口にした。

開発責任者の岩田秀行チーフエンジニア(第3開発センター)は、ユーザー像を、家族や大切な人とともに過ごす時間を大事にする人、もてなしの心を持った人、とする。開発目標は「ダイナミズム&ホスピタリティ」。

定員は7人または8人、ボディ・タイプは5ドア。エンジンはガソリンの3.0リットルV6または2.4リットル直4、駆動レイアウトはFFまたは4WD、トランスミッションは4AT。

価格は265万円(2.4、FF、AX)から423万円(3.0、4WD、MZ“Gエディション”)まで。目標販売台数は4000台/月、内訳は「G」が2500台/月、「V」が1500台だ。関係者によると実績で3000台/月はいっていたそうで、販売店が2系列になった分を上乗せした数字だという。店頭発表会は6月1日(土)、2日(日)。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ『アルファード』発表】番外編---現場でパニックに陥る記者が続出!? 画像 【トヨタ『アルファード』発表】番外編---現場でパニックに陥る記者が続出!?
  • 【トヨタ『アルファード』発表】ジャン・レノのCM出演料に含まれていた意外なモノ 画像 【トヨタ『アルファード』発表】ジャン・レノのCM出演料に含まれていた意外なモノ
  • 【トヨタ『アルファード』発表】これが30代ファミリー層への最大のアピールだ!! 画像 【トヨタ『アルファード』発表】これが30代ファミリー層への最大のアピールだ!!
  • 【トヨタ『アルファード』写真蔵】よくわかる---写真30点 画像 【トヨタ『アルファード』写真蔵】よくわかる---写真30点

特集

おすすめのニュース