【トヨタ『マークIIブリット』発表】セダンとの共通性を感じさせるCピラー、独自のフロントマスク

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ『マークIIブリット』発表】セダンとの共通性を感じさせるCピラー、独自のフロントマスク
  • 【トヨタ『マークIIブリット』発表】セダンとの共通性を感じさせるCピラー、独自のフロントマスク
  • 【トヨタ『マークIIブリット』発表】セダンとの共通性を感じさせるCピラー、独自のフロントマスク
  • 【トヨタ『マークIIブリット』発表】セダンとの共通性を感じさせるCピラー、独自のフロントマスク
『マークIIブリット』のデザインは、トヨタ自動車第1開発センター第1デザイン部の長谷川和也担当員による、サイドビューの提案から始まったという。スタイリング上の大きな特徴となっている傾斜の強いCピラーは「特にセダンを意識したわけではなく、スポーツ感や力強さ、骨太感を表現したもの」と語る。

Cピラーの傾斜角度については、「リアゲートが立っているので、Cピラーも起こすと全体の流れが止まってしまう。フロントから流れるルーフの勢いを増長させるように」全体の流れから決定されたものだという。

4つに分割されたヘッドライトを持つフロントマスクも、上向きに傾斜を付けられたフロントバンパーとともに全体の流れを意識したデザイン。『マークII』セダンから遅れて発表されることを考え、新しさ、次世代感を意識してブリット独自のデザインにすることが決定されたそうだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集