【会田肇のITSショー総括】ETCでもお馴染みのDSRCの未来を実体験

自動車 テクノロジー ITS

【会田肇のITSショー総括】ETCでもお馴染みのDSRCの未来を実体験
  • 【会田肇のITSショー総括】ETCでもお馴染みのDSRCの未来を実体験
11月30日より、全国約600カ所の料金所にまで拡大したETC。ETCはDSRC(狭域無線通信)を利用して料金の決済可能としたもので、料金所で停止することなく通行料金の支払いが行われるサービス。三菱のブースでは東京モーターショーに続いて、このショーでもシュミレーションによる実体験コーナーが設けられた。

ここで体験できたのはETCのある料金所の通過に始まり、道路の各所に設けられたポストよりキャンペーン情報などのCMが入ったり、緊急情報なども受信。走行中に予約スポットに立ち寄って、事前に買いたいものの予約が出来る体験も行われた。そして、ガソリンスタンドに立ち寄ってDSRCによる支払いが終わってシュミレーションは終了する。

この体験を通じてわかったのは、クレジットカードを渡すことなく買い物の精算が出来たり、走行中にも多彩な情報がTV-CMのように次々と表示されること。ドライブ中に、頻繁に情報が表示されるのは少々煩わしい気がするけれど、実際の運用では表示する情報の選択もできるだろうし、お得な情報が見知らぬ土地に行ってもキャッチできるといったメリットがあることは確か。

DSRCは駐車中に音楽をはじめとする情報のダウンロードや、インターネットの接続も可能にするなど、新たなメディアとしての展開も想定されている。次の時代、このDSRCなしには考えられなくなってきているのだ。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集