スバル(ブランド、自動車)に関するニュースまとめ一覧(5 ページ目)

メーカーとしての原点を、戦前の航空機メーカー中島飛行機に持ち、創業期に元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念に囚われないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきた。そのスタンスは日本の自動車メーカーの中でも、特に技術至上主義の傾向が強い。中でも、自動車技術者百瀬晋六は有名な存在である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連インデックス
SUBARU スバル(コーポレート、企業動向) スバルWRC スバル R1 スバル R2 スバル インプレッサ スバル ヴィヴィオ スバル エクシーガ スバル ジャスティ スバル ステラ スバル デックス スバル トラヴィック スバル BRZ スバル フォレスター スバル プレオ スバル レガシィ スバル コンセプトカー トヨタ自動車 スバル XV スバル アイサイト(EyeSight) スバル サンバー スバル トレジア スバル ルクラ
スバル 中村社長「自力付け、足元固める」…米国シェア5%目指す中期ビジョンをレビュー 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「自力付け、足元固める」…米国シェア5%目指す中期ビジョンをレビュー

SUBARU(スバル)の中村知美社長は5月11日の決算発表の席上、2025年度までの中期経営ビジョン「STEP」についてのレビューを行い、「自力を付けることや足元固めはまだ不十分であり、そこに取り組む」と表明した。

スバル、営業益5割減---コロナ禍や半導体不足が影響 2021年3月期決算 画像
自動車 ビジネス

スバル、営業益5割減---コロナ禍や半導体不足が影響 2021年3月期決算

SUBARU(スバル)は5月11日、2021年3月期(2020年4月~2021年3月)の連結決算を発表。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大や半導体供給不足の影響を受け、営業利益は前期比51.3%減の1025億円となった。

スバル 中村社長「通期で100万台販売をやり切る」…今期営業利益はほぼ倍増の2000億円を予想 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「通期で100万台販売をやり切る」…今期営業利益はほぼ倍増の2000億円を予想

SUBARU(スバル)は5月11日、2021年3月期の連結決算をメディアとの電話会議などで発表した。コロナ禍や半導体不足による国内外の減産影響により、営業利益は前期比51.3%減の1025億円と、2期ぶりの減益になった。

スバルの新型EV、その名は『ソルテラ』---2022年年央までに発売へ 画像
自動車 ニューモデル

スバルの新型EV、その名は『ソルテラ』---2022年年央までに発売へ

SUBARU(スバル)は5月11日、2022年発売に向けて開発を進める新型電気自動車(EV)の名称を『SOLTERRA(ソルテラ)』に決定したと発表した。

スバル、Zoomを活用したオンライン商談の全国展開開始 画像
自動車 ビジネス

スバル、Zoomを活用したオンライン商談の全国展開開始

SUBARU(スバル)は5月10日、Zoomを活用した「おうちで商談 なんでも相談 オンライン商談」を全国で開始した。

GR 86 / BRZ レース開催、そして次期ワンメイクはどうなる?…関係者が語った 画像
モータースポーツ/エンタメ

GR 86 / BRZ レース開催、そして次期ワンメイクはどうなる?…関係者が語った

富士スピードウェイで8~9日、86/BRZレース第2戦をメインレースとした、2日間で8レースが行われるワンメイク祭りが行われた。

【スバル BRZ 新型】先代と並べると---ここが変わった 画像
自動車 ニューモデル

【スバル BRZ 新型】先代と並べると---ここが変わった

スバルは4月5日、新型『BRZ』の日本仕様を公開した。スバルは「『誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー』を実現した」と自負する。水平対向エンジンを搭載したFRレイアウトのピュアスポーツカーの新型は、2020年11月に北米仕様から世界初公開されている。

スバル BRZ STIパーツ装着車が登場…SUPER GT第2戦のサプライズ! 画像
自動車 ニューモデル

スバル BRZ STIパーツ装着車が登場…SUPER GT第2戦のサプライズ!

スバル・STIは5日、SUPER GT第2戦が行われている富士スピードウェイに、新型『BRZ』にSTIパーツを装着したコンセプトモデルを展示した。

【GR 86 & BRZ 同時発表】ベースを共有、デザインの違いを見る 画像
自動車 ニューモデル

【GR 86 & BRZ 同時発表】ベースを共有、デザインの違いを見る

トヨタGAZOOレーシング(TGR)は4月5日、『86』をモデルチェンジした新型『GR 86』を世界初披露した。同日スバルは新型『BRZ』日本仕様を発表した。先代に続いて、スバルとトヨタ自動車との共同開発になる。

スバルの世界生産台数21.4%減、コロナ禍と半導体不足が影響 2020年度実績 画像
自動車 ビジネス

スバルの世界生産台数21.4%減、コロナ禍と半導体不足が影響 2020年度実績

SUBARU(スバル)は4月28日、2020年度(2020年4月~2021年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年度比21.4%減の80万9895台で、2年ぶりのマイナスとなった。

トヨタなど自動車メーカー5社、次世代車載通信機を共同開発へ 画像
自動車 テクノロジー

トヨタなど自動車メーカー5社、次世代車載通信機を共同開発へ

トヨタ自動車、マツダ、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツの5社は4月27日、より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向け、次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に合意したと発表した。

整備のプロが「次に乗りたいクルマ」に レヴォーグ 選出、スバル開発トップに聞く…いいクルマアワード2021 画像
自動車 ビジネス

整備のプロが「次に乗りたいクルマ」に レヴォーグ 選出、スバル開発トップに聞く…いいクルマアワード2021

自動車整備や用品・部品販売、ガソリンスタンドといった現場で働く人が選ぶ「いいクルマ」とは…。ことしの「クルマ屋さんが選ぶ“いいクルマアワード2021”」では、これまでとは違う意外なクルマが上位に入り、注目を集めた。

渋滞時ハンズオフ走行、スバル レヴォーグ の「アイサイトX」で体感…SIP試乗会 画像
自動車 テクノロジー

渋滞時ハンズオフ走行、スバル レヴォーグ の「アイサイトX」で体感…SIP試乗会

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)では、第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」として、4月20日と21日の2日間にわたり、“自動運転の現在地”を広く告知することを目的としたメディア向け試乗会を開催した。

スバル アウトバック が本格オフローダーに、「ウィルダネス」を今夏米国発売[写真27点] 画像
自動車 ニューモデル

スバル アウトバック が本格オフローダーに、「ウィルダネス」を今夏米国発売[写真27点]

◆最大出力260hpの2.4リットルボクサーターボ ◆最低地上高はプラス20mmの240mmに ◆タフさを強調した専用のエクステリア

50周年トミカはアプリと連動、デジタルアクセルサーキットを走る! 画像
自動車 ビジネス

50周年トミカはアプリと連動、デジタルアクセルサーキットを走る!

タカラトミーは4月20日、『トミカアドバンスプロジェクト』と題された、新しいプロジェクトの発表会を行った。プロジェクト第一弾商品としてアンベールされたのは、NFCチップを搭載し専用アプリと走行データが連動する『スーパースピードトミカ』だ。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 5 of 327