トヨタ bZ4Xに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
トヨタ自動車 SUV・クロカン 電気自動車 EV、PHEV、PHV スバル ソルテラ
EV普及へ、日本の自動車メーカー各社の開発は今 画像
自動車 ビジネス

EV普及へ、日本の自動車メーカー各社の開発は今

世界各国がカーボンニュートラルに向かう中、注目されているのがEV。今後の普及拡大が見込まれる。そんな中、日本の自動車メーカー各社はどのように開発を進めているのか確認してみたい。

【トヨタ bZ4X】丸型ステアリング仕様の内外装を撮り下ろし[詳細画像50枚] 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ bZ4X】丸型ステアリング仕様の内外装を撮り下ろし[詳細画像50枚]

スバルが新世代EV『ソルテラ』を発表したのとほぼ時を同じくして、共同開発の兄弟車となるトヨタ『bZ4X(ビー・ズィー・フォー・エックス)』の実車が国内初披露となった。

発表されたばかりの『bZ4X』と『ソルテラ』がサーキットで共演 画像
自動車 ニューモデル

発表されたばかりの『bZ4X』と『ソルテラ』がサーキットで共演

トヨタ『bZ4X』とスバル『SOLTERRA(ソルテラ)』、トヨタとスバルの次世代を担うBEV(バッテリーEV)が発表されたばかりにも関わらず、スーパー耐久最終戦の岡山国際サーキットイベント広場に2台揃って登場した。

【スバル ソルテラ】航続より走りではないのか?…トヨタと仲良くケンカした 画像
自動車 ニューモデル

【スバル ソルテラ】航続より走りではないのか?…トヨタと仲良くケンカした

スバルが初めてグローバル展開するBEV「ソルテラ」が発表された。中村社長以下開発陣が強調するのは、いかに「スバルらしい」つくるか。この想いはBEVになっても変わることはない。

【池原照雄の単眼複眼】再生エネを自ら造るトヨタの新EV…スタンダードとしたい技術 画像
自動車 ニューモデル

【池原照雄の単眼複眼】再生エネを自ら造るトヨタの新EV…スタンダードとしたい技術

トヨタ自動車が2022年半ばに世界で売りだす電気自動車(BEV=バッテリーEV)の第1弾、『bZ4X』の詳細を公表した。バッテリーの長寿命化など、これまで培ってきた電動車での技術蓄積を生かし……

【トヨタ bZ4X】開発責任者「バッテリーEVならではの快適性を提供」 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ bZ4X】開発責任者「バッテリーEVならではの快適性を提供」

トヨタ自動車は10月29日、新たにグローバル展開する電気自動車(バッテリーEV、BEV)シリーズの第1弾として、ミディアムSUV『bZ4X』を2022年央に発売すると発表した。

【トヨタ bZ4X】バッテリーEV第1弾はRAV4クラス、冬場の航続など改善 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ bZ4X】バッテリーEV第1弾はRAV4クラス、冬場の航続など改善

トヨタ自動車は10月29日、新開発の電気自動車(BEV=バッテリーEV)の第1弾となる『bZ4X』の詳細をオンライン説明会で公表した。トヨタ車では『RAV4』と同等のミディアムセグメントのSUVであり、2022年の半ばに日米欧や中国など世界で発売する。

トヨタ、新型EV『bZ4X』を2022年央より発売 一充電で約500km走行 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ、新型EV『bZ4X』を2022年央より発売 一充電で約500km走行

トヨタ自動車は10月29日、新EV「bZ」シリーズの第1弾としてSUVタイプの『bZ4X(ビー・ズィー・フォー・エックス)』の詳細を公表した。1回の充電で最大500km前後を走行することができる。2022年年央より、日本、北米、中国、欧州など、世界各地で発売する計画だ。

トヨタの新型EV『bZ4X』、米国は異形ステアリングホイールなし 市販版は2021年後半発表 画像
エコカー

トヨタの新型EV『bZ4X』、米国は異形ステアリングホイールなし 市販版は2021年後半発表

◆欧米で異形ステアリングホイールを装着できない理由 ◆ボディサイズは『RAV4』とほぼ同じ ◆新AWDシステムはスバルと共同開発

トヨタとスバルの共同開発EV『bZ4X』発表、2022年発売へ…上海モーターショー2021 画像
自動車 ニューモデル

トヨタとスバルの共同開発EV『bZ4X』発表、2022年発売へ…上海モーターショー2021

◆ダイハツとスズキもbZ4Xに続くEVの共同開発プロジェクトに参画 ◆EV専用プラットフォーム ◆スバルと共同開発した新AWDシステム

    Page 1 of 1