スバル XVに関するニュースまとめ一覧

スバル クロストレック に「スポーツ」…今夏米国発売 2万6495ドルから 画像
自動車 ニューモデル

スバル クロストレック に「スポーツ」…今夏米国発売 2万6495ドルから

◆最大出力182hpの2.5リットルボクサー搭載 ◆スポーティな専用仕上げの内外装 ◆マルチメディア「STARLINK」の最新版を搭載

スバル クロストレック に2021年型、今夏米国発売…2万2245ドルから 画像
自動車 ニューモデル

スバル クロストレック に2021年型、今夏米国発売…2万2245ドルから

◆フロントマスクをイメージチェンジ ◆6.5インチマルチメディアシステム ◆最大出力152hpの2.0リットルボクサー ◆最新アイサイト採用 ◆「リミテッド」は182hpの2.5リットルボクサー搭載

【スバル インプレッサ&XV 新型試乗】低重心のインプレッサが備える魅力を再確認…渡辺陽一郎 画像
試乗記

【スバル インプレッサ&XV 新型試乗】低重心のインプレッサが備える魅力を再確認…渡辺陽一郎

スバルは車種数の少ないメーカーだから、不人気車が生じると国内販売も揺らぎかねない。そこで改良を頻繁に行う。エンジンを水平対向4気筒に限り、プラットフォームの種類を抑えたことも、頻繁に改良しやすい理由だ。

スバル クロストレック に2021年型、表情変化…米国発表 画像
自動車 ニューモデル

スバル クロストレック に2021年型、表情変化…米国発表

◆グリルやバンパーが新デザイン ◆2.0リットルボクサーは最大出力152hp ◆最新のアイサイト ◆全車に「STARLINK」マルチメディアシステム ◆最上位グレードに182hpの2.5リットルボクサー

スバル クロストレック に「スポーツ」、2.5リットルエンジン搭載のオフロード仕様…米国発表 画像
自動車 ニューモデル

スバル クロストレック に「スポーツ」、2.5リットルエンジン搭載のオフロード仕様…米国発表

◆スポーツ専用の内外装 ◆2.5リットルボクサーは最大出力182hp ◆最新のSTARLINKマルチメディアシステム

米スバル、クロストレック の2021年型を発表 6月9日 画像
自動車 ニューモデル

米スバル、クロストレック の2021年型を発表 6月9日

SUBARU(スバル)の米国部門は、『クロストレック』(日本名:『XV』に相当)の2021年モデルを、6月9日に初公開すると発表した。

スバル、後付け「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」発売…4代目インプレッサなどに対応 画像
自動車 テクノロジー

スバル、後付け「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」発売…4代目インプレッサなどに対応

SUBARU(スバル)は、全国のスバル販売店を通じて、既販車を対象にした後付けの「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」の販売を5月29日より開始した。

VRとリアル登坂体験も…スバルがレッドブル・アイスクロスをサポート 画像
モータースポーツ/エンタメ

VRとリアル登坂体験も…スバルがレッドブル・アイスクロスをサポート

2月15日に横浜臨港パークで決勝が行われた「レッドブル・アイスクロス横浜2020」のオフィシャルスポンサーのひとつにスバルが名を連ねている。会場のスバルブースでは、アイスクロス競技のVR体験や『XV』による30度の登坂体験デモが行われた。

【スバル XV 新型まとめ】悪路で発揮される“らしさ”…試乗記、デザイン、スペック、価格 画像
自動車 ニューモデル

【スバル XV 新型まとめ】悪路で発揮される“らしさ”…試乗記、デザイン、スペック、価格

スバルのクロスオーバーSUV『XV』。都会的なデザインを持ちながらも、スバルの誇る高い走破性も持ち合わせる。また、先進運転支援システム「アイサイト」の搭載や高い衝突安全性などが評価されている。

スバル、「レッドブル・アイスクロス」横浜大会にオフィシャルカーを提供 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル、「レッドブル・アイスクロス」横浜大会にオフィシャルカーを提供

SUBARU(スバル)は、2月15日に臨港パーク特設会場(横浜市西区)で開催される「レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ横浜2020」に協賛し、オフィシャルカーとしてスバル『XV』を提供する。

スバル ゲレンデタクシー、乗るだけ、撮るだけの人も集まる!! 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル ゲレンデタクシー、乗るだけ、撮るだけの人も集まる!!

今シーズンで7年目を迎えたSUBARU(スバル)のゲレンデタクシー。1~2日に開催された長野県のエコーバレースキー場では、スキー・スノーボードはせずに「ゲレンデタクーに乗るだけ」「撮るだけ」ために来た人もおり、観光イベントとして定着している様子が見られた。

スバル XV にハイブリッド、「e-BOXER」…英国市場で販売本格化[修正] 画像
エコカー

スバル XV にハイブリッド、「e-BOXER」…英国市場で販売本格化[修正]

◆40km/hまでEV走行が可能 ◆最新アイサイトを標準装備 ◆アクティブシャッター付きの専用グリル

【スバル XV e-BOXER 新型試乗】走りの質を頼もしく向上させている…飯田裕子 画像
試乗記

【スバル XV e-BOXER 新型試乗】走りの質を頼もしく向上させている…飯田裕子

◆日本の道、日本人のライフスタイルに合っているサイズ感 ◆アイサイト・ツーリングアシストの標準搭載とX-MODEの採用 ◆走りの質を高めてくれるe-BOXER

スバル ゲレンデタクシー、今年も苗場とエコーバレーで開催 1月18日から 画像
モータースポーツ/エンタメ

スバル ゲレンデタクシー、今年も苗場とエコーバレーで開催 1月18日から

SUBARU(スバル)は、雪上走行体験イベント「スバル ゲレンデタクシー2020」を、2020年1月18日・19日に苗場スキー場(新潟県)で、2月1日・2日にエコーバレースキー場(長野県)でそれぞれ開催する。

スバル、フォレスター など1万4000台を再リコール 走行中エンジン停止のおそれ 画像
自動車 テクノロジー

スバル、フォレスター など1万4000台を再リコール 走行中エンジン停止のおそれ

SUBARU(スバル)は11月28日、『フォレスター』および『XV』のブローバイガス還元装置(PCVバルブ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年7月3日から10月22日に製造された1万4433台。

ホンダ CR-V やトヨタ RAV4、最終選考に…2020グリーンSUVオブザイヤー 画像
モータースポーツ/エンタメ

ホンダ CR-V やトヨタ RAV4、最終選考に…2020グリーンSUVオブザイヤー

米国の『グリーンカージャーナル』誌は、「2020グリーンSUVオブザイヤー」の最終選考5車種を発表した。2020グリーンSUVオブザイヤーは11月21日、ロサンゼルスモーターショー2019で発表される。

スバル クロストレック に2020年型、PHVも設定…年内に米国発売へ 画像
エコカー

スバル クロストレック に2020年型、PHVも設定…年内に米国発売へ

◆スバル初のPHVは燃費38km/リットル ◆最新アイサイト ◆スターリンク・マルチメディア・プラス ◆専用のコネクトサービス

スバル インプレッサ/XV、28万台をリコール 走行中エンジン停止のおそれも 画像
自動車 テクノロジー

スバル インプレッサ/XV、28万台をリコール 走行中エンジン停止のおそれも

SUBARU(スバル)は10月17日、『インプレッサ』および『XV』のイグニッションコイルなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年10月3日から2019年3月22日に製造された27万9558台。

スバル XV、e-BOXER搭載グレード拡大へ アイサイトツーリングアシストも全車標準装備 画像
自動車 ニューモデル

スバル XV、e-BOXER搭載グレード拡大へ アイサイトツーリングアシストも全車標準装備

SUBARU(スバル)は、『スバル XV』改良モデルを発表し、11月15日より販売を開始する。

スバル「EJ20型」水平対向エンジン最終仕様など…東京モーターショー2019出展予定 画像
自動車 ニューモデル

スバル「EJ20型」水平対向エンジン最終仕様など…東京モーターショー2019出展予定

SUBARU(スバル)は25日、「第46回東京モーターショー2019」に出展予定の車両6台を発表した。

スバル e-BOXER 誕生秘話、「1割の電動パワー」がもたらす“お客様価値”とは…名古屋オートモーティブワールド2019 画像
自動車 ビジネス

スバル e-BOXER 誕生秘話、「1割の電動パワー」がもたらす“お客様価値”とは…名古屋オートモーティブワールド2019PR

水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたスバル独自のパワーユニットである「e-BOXER」が新型『フォレスター』に搭載され、販売開始からまもなく1年が経過する。

【スバル XV e-BOXER 1000km試乗】乗り心地に明確なアドバンテージあり。HV化の恩恵は 画像
試乗記

【スバル XV e-BOXER 1000km試乗】乗り心地に明確なアドバンテージあり。HV化の恩恵は

スバルのCセグメントクロスオーバーSUV『XV Advance(アドバンス)』を1000kmほどテストドライブする機会があったので、リポートをお届けする。

スバルのハイブリッド、進化の始まり…人とくるまのテクノロジー2019 画像
エコカー

スバルのハイブリッド、進化の始まり…人とくるまのテクノロジー2019

スバルブースでは日本未発売のプラグインハイブリッドカー『クロストレック・ハイブリッド』の実車と、新開発のプラグインハイブリッド(PHEV)パワートレインの展示が行われている。クロストレックは日本だと『XV』に相当する。

スバル XV ラリーチームチャイナ仕様…上海モーターショー2019[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

スバル XV ラリーチームチャイナ仕様…上海モーターショー2019[詳細画像]

スバルのクロスオーバーSUV『XV』をベースとしたラリー仕様が、上海モーターショー2019のスバルブースに展示された。日本ではあまり知られていないが、CRC(China Rally Championship)を戦う、スバルラリーチームチャイナのマシンだ。

スバル車で味わった、山形の名所と“リアルな”総合雪国性能のありがたさ 画像
試乗記

スバル車で味わった、山形の名所と“リアルな”総合雪国性能のありがたさ

今回で10回目を迎えたスバルテックツアー。その内容は多岐にわたり、時には飛行機に乗せてもらったり、古いスバルを堪能したりと様々。今回は総合雪国性能を試すべく、山形を200kmにわたって走った。

【スバル XV e-BOXER 新型試乗】軽快な加速感とハイセンスな仕立てがいい…藤島知子 画像
試乗記

【スバル XV e-BOXER 新型試乗】軽快な加速感とハイセンスな仕立てがいい…藤島知子

◆軽快な加速が味わえる「e-BOXER」 ◆回生ブレーキのコントロールには"慣れ”が必要 ◆「Advance」専用装備はお洒落でハイセンスな仕上がり

これは次期スバル XV なのか、そうではないのか?…ジュネーブモーターショー2019 画像
自動車 ニューモデル

これは次期スバル XV なのか、そうではないのか?…ジュネーブモーターショー2019

スイスで開催されているジュネーブモーターショー2019。そのSUBARU(スバル)ブースのメインとなる展示車両が『SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT』(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)だ。

スバルが欧州初の電動車、フォレスター と XV に「e-BOXER」…ジュネーブモーターショー2019 画像
自動車 ニューモデル

スバルが欧州初の電動車、フォレスター と XV に「e-BOXER」…ジュネーブモーターショー2019

SUBARU(スバル)の欧州部門は3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、「e-BOXER」(e-ボクサー)搭載の新型『フォレスター』と新型『XV』の欧州仕様車を初公開した。

「ないだて、梓もスバルさなったながぁ!!」山形でスバルが愛される理由を、山形出身ライターが探ってみた 画像
試乗記

「ないだて、梓もスバルさなったながぁ!!」山形でスバルが愛される理由を、山形出身ライターが探ってみた

◆あのレオーネも山形でテスト! 豪雪の山形路を伊藤梓が駆る ◆まずは、外観よし! 中身もよし! のXVから試乗 ◆豪雪の肘折温泉、フォレスターのX-MODEのお手並み拝見

【スバル XV 雪上試乗】スバルAWDが雪国で選ばれる理由…丸山誠 画像
試乗記

【スバル XV 雪上試乗】スバルAWDが雪国で選ばれる理由…丸山誠

◆雪国で選ばれるスバルAWD ◆AWDはチェーン装着時に注意が必要 ◆フォレスターe-ボクサーとの違いは

ソニックプラス、スバル車専用スピーカーに上級シリーズ登場 新開発チューニングポート搭載 画像
自動車 テクノロジー

ソニックプラス、スバル車専用スピーカーに上級シリーズ登場 新開発チューニングポート搭載

ソニックデザインは、車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」の新製品として、オーバル(楕円)形状スピーカー取付穴を採用したスバル車対応のフロント専用トップグレードモデル「SP-S300F」を4月1日から、同ハイグレードモデル「SP-S300M」を3月1日から発売する。

スバル インプレッサ など、電動パワステのアシスト機能停止のおそれ リコール 画像
自動車 テクノロジー

スバル インプレッサ など、電動パワステのアシスト機能停止のおそれ リコール

SUBARU(スバル)は1月31日、『インプレッサ』など3車種のステアリングギヤボックスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

スバル群馬製作所、生産・出荷を再開 EPS対策部品を調達 画像
自動車 ビジネス

スバル群馬製作所、生産・出荷を再開 EPS対策部品を調達

SUBARU(スバル)は、電動パワーステアリング(EPS)の不具合により、全車両の生産・出荷を停止していた群馬製作所について、1月28日より生産・出荷ともに再開したと発表した。

スバル群馬製作所が生産・出荷を停止、再開は早くて1月28日 画像
自動車 ビジネス

スバル群馬製作所が生産・出荷を停止、再開は早くて1月28日

スバルは1月23日、群馬製作所で生産しているモデルの一部で不具合が見つかり、1月16日から生産を停止していると発表した。生産再開は早くても1月28日となる見通し。

【青山尚暉のわんダフルカーライフ】最新版 2019 ドッグフレンドリーカー ベスト5! 画像
自動車 ビジネス

【青山尚暉のわんダフルカーライフ】最新版 2019 ドッグフレンドリーカー ベスト5!

今回は、今もっとも“買い”なドッグフレンドリーカーを5台、モータージャーナリストにしてドッグライフプロデューサーでもある私(と、自称自動車評論犬!? の愛犬、ラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララ)が選んでみた。

スバル XV e-BOXER…伝統の水平対向エンジンと電動技術が融合[詳細画像] 画像
自動車 ニューモデル

スバル XV e-BOXER…伝統の水平対向エンジンと電動技術が融合[詳細画像]

スバルは、クロスオーバーSUV『XV』改良モデルの発表に合わせて、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER(e-ボクサー)」を搭載した新グレード「Advance(アドバンス)」を追加設定した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 > 次
Page 1 of 8