メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジーに関するニュースまとめ一覧(4 ページ目)

“BlueEFFICIENCY”(「ブルーエフィシェンシー」)とは、現在メルセデス・ベンツが取り組んでいる様々な環境技術やその成果を総称するコンセプトの名称だ。それが意味するのは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッド、さらには次世代の燃料電池車といったパワートレインの違いを超え、さらに車体の軽量化や空気抵抗の低減、エンジン補機類の効率改善、果ては資源リサイクルといった広範な分野にまで及ぶ。この特別編集では、BlueEFFICIENCYコンセプトに関連するコンテンツを集め、次世代に向けたメルセデスのクルマづくりに光を当てる。

関連インデックス
メルセデスベンツ(Mercedes-Benz) 電気自動車 EV、PHEV、PHV ハイブリッドカー HV 燃料電池 FC
【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】全方位の次世代パワートレーン開発、パーツ単位での取り組み 画像
自動車 ニューモデル

【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】全方位の次世代パワートレーン開発、パーツ単位での取り組み

BlueEFFICIENCYテクノロジーは、パワートレーンの範疇に限定されるものではなく、あらゆる部品の改良に及ぶ。また、生産から廃棄まで、自動車の全ライフサイクルを貫徹する、いわば“Well to Wheel”での環境負荷低減を考慮しているところにも際だった特徴がある。

【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】いかにして自動車を未来に存続させるか? 画像
エコカー

【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】いかにして自動車を未来に存続させるか?

「ブルーエフィシェンシー」とは、現在メルセデス・ベンツが取り組んでいる様々な燃費向上やCO2 排出量の削減に向けた環境技術やその成果を総称するものだ。

メルセデスベンツ Eクラス に減税補助金対象の仕様…ガソリン輸入車初 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ Eクラス に減税補助金対象の仕様…ガソリン輸入車初

メルセデス・ベンツ日本は、10月6日に発表した新型Eクラス「E250 CGIブルーエフィシェンシー・アバンギャルド」が通常のガソリンエンジンを搭載した輸入車としては初めて「エコカー減税対象車」となる国土交通省の型式認定を取得した。

【フランクフルトモーターショー09】EV普及がFCV開発を加速させるか…メルセデスベンツ 画像
自動車 ニューモデル

【フランクフルトモーターショー09】EV普及がFCV開発を加速させるか…メルセデスベンツ

フランクフルトモーターショーは、これまでの報道を見るように文字通り「エコカーショー」とも呼べる内容だった。なかでも、ひときわエコカー展示に力を入れていたのはメルセデスベンツだ。

メルセデスベンツ、E250 CGI セダン&クーペ日本発売…セダンは輸入ガソリン車で初のエコカー減税も 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ、E250 CGI セダン&クーペ日本発売…セダンは輸入ガソリン車で初のエコカー減税も

メルセデスベンツ日本は6日、『Eクラス』のセダンとクーペに、高い環境適合性とパフォーマンスを両立した新開発の1.8リットルガソリン直噴ターボエンジンを搭載した「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」を追加し販売を開始した。

メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ、商用車にもブルーエフィシエンシーを設定

ダイムラーは29日、欧州仕様のメルセデスベンツ『スプリンター』に「ブルーエフィシエンシー」を投入した。乗用車の『Cクラス』や『Eクラス』と同様に、メルセデスベンツの商用車にも、環境性能を追求した「ブルーエフィシエンシー」が拡大設定された。

【フランクフルトモーターショー09ライブラリー】メルセデスベンツ ブルーゼロ E-CELLプラス 画像
自動車 ニューモデル

【フランクフルトモーターショー09ライブラリー】メルセデスベンツ ブルーゼロ E-CELLプラス

メルセデスベンツ『ブルーゼロE-CELLプラス』は、家庭用電源から充電できるプラグインハイブリッド車の先行量産モデル。最大約100kmをモーターだけで走行し、充電専用のエンジンを使用することで、約600kmの航続を可能としている。

【フランクフルトモーターショー09】メルセデスベンツのプラグインHV…次期 Bクラス!? 画像
自動車 ニューモデル

【フランクフルトモーターショー09】メルセデスベンツのプラグインHV…次期 Bクラス!?

ダイムラーは15日、メルセデスベンツ『ブルーゼロE-CELLプラス』の先行量産モデルを初公開した。家庭用電源から充電できるプラグインハイブリッド車で、2010年の市販を想定している。

メルセデスベンツ GLK に2種類のクリーンディーゼル搭載 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ GLK に2種類のクリーンディーゼル搭載

ダイムラーは10日、欧州向けの『GLK』に2つの新グレードを追加した。どちらも最新クリーンディーゼルを搭載し、運動性能と環境性能を高レベルでバランスさせている。

【Sクラス ハイブリッド 日本発表】本当のエコを真面目に追求した 画像
自動車 ニューモデル

【Sクラス ハイブリッド 日本発表】本当のエコを真面目に追求した

先日、発表されたばかりの『C250ブルーエフィシエンシー』と、この『Sクラス・ハイブリッド』の10・15モードの燃費はまったく同じ11.2km/リットル。渋滞などを考えれば、実燃費は確実にSクラス・ハイブリッドの方が良さそうだ。

メルセデスベンツ、究極のプラグインハイブリッド公開…航続600km 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ、究極のプラグインハイブリッド公開…航続600km

ダイムラーは2日、メルセデスベンツ『ブルーゼロE-CELLプラス』の先行量産モデルを初公開した。家庭用電源から充電できるプラグインハイブリッド車で、最大約100kmをモーターだけでゼロエミッション走行。

メルセデスベンツ Cクラス 全モデルにブルーエフィシェンシー 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ Cクラス 全モデルにブルーエフィシェンシー

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『Cクラス』(セダン/ステーションワゴン)の全モデルで装備の充実を図りつつ新価格で8月25日から発売した。C250CGIの納車開始時期は、11月頃を予定。

メルセデスベンツ Eクラス…新エンジン追加 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ Eクラス…新エンジン追加

ダイムラーは17日、メルセデスベンツ『Eクラス』の欧州仕様に2つの新エンジン搭載車を設定した。ガソリン、ディーゼルともに、環境性能に優れる最新直噴ユニットを搭載する。

メルセデスベンツ Cクラス…最新直噴エンジン搭載 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ Cクラス…最新直噴エンジン搭載

ダイムラーは4日、欧州仕様のメルセデスベンツ『Cクラス』に3種類の新直噴エンジンを採用した。いずれも動力性能と環境性能を高次元でバランスさせたユニットだ。

【デトロイトモーターショー09】メルセデスのEV/FCVコンセプト「BlueZERO」…SCL その2 画像
自動車 ニューモデル

【デトロイトモーターショー09】メルセデスのEV/FCVコンセプト「BlueZERO」…SCL その2

メルセデスベンツが10日のメディアレセプションで、1つのプラットフォームで電気・燃料電池双方のパワートレインを搭載できるEV(電気自動車)/FCV(燃料電池車)コンセプトカー『BlueZERO』を発表した。

    前 < 1 2 3 4 5 > 次
Page 4 of 5