メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジーに関するニュースまとめ一覧(3 ページ目)

“BlueEFFICIENCY”(「ブルーエフィシェンシー」)とは、現在メルセデス・ベンツが取り組んでいる様々な環境技術やその成果を総称するコンセプトの名称だ。それが意味するのは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッド、さらには次世代の燃料電池車といったパワートレインの違いを超え、さらに車体の軽量化や空気抵抗の低減、エンジン補機類の効率改善、果ては資源リサイクルといった広範な分野にまで及ぶ。この特別編集では、BlueEFFICIENCYコンセプトに関連するコンテンツを集め、次世代に向けたメルセデスのクルマづくりに光を当てる。

関連インデックス
メルセデスベンツ(Mercedes-Benz) 電気自動車 EV、PHEV、PHV ハイブリッドカー HV 燃料電池 FC
【メルセデスベンツ E250CGI 試乗】7速ATの搭載に期待…岡本幸一郎 画像
試乗記

【メルセデスベンツ E250CGI 試乗】7速ATの搭載に期待…岡本幸一郎

先代W211型『Eクラス』の日本に導入されたガソリンエンジン車は、ボトムグレードでも6気筒であることがひとつのウリだった。ところが新型では、1.8リットルの4気筒エンジンにターボチャージャーを組み合わせたCGIユニット搭載車がついに設定された。

【メルセデスベンツ C250CGI 試乗】意識改革が必要なのは…岡本幸一郎 画像
試乗記

【メルセデスベンツ C250CGI 試乗】意識改革が必要なのは…岡本幸一郎

当初の『C250』は、Cクラスながら6気筒がリーズナブルに選べるというのがウリで、「C200」や「C300」が右ハンドルのみの設定なのに、C250は左ハンドルも選べるようになっていた。

【メルセデスベンツ E250CGI 試乗】4気筒でも格落ち感なし…こもだきよし 画像
試乗記

【メルセデスベンツ E250CGI 試乗】4気筒でも格落ち感なし…こもだきよし

『E250CGIクーペ』と『E250CGIステーションワゴン』に乗った。

【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】シンプルなHVも存在価値あり…松下宏 画像
試乗記

【メルセデスベンツ Sクラス ハイブリッド 試乗】シンプルなHVも存在価値あり…松下宏

メルセデスベンツ『Sクラス』のハイブリッドはエンジンとトランスミッションの間に電気モーター挟んだマイルドハイブリッド。リチウムイオン電池を含めてたったの70kgほどの重量増ですみ、ラゲッジスペースにも影響を与えないシンプルなメカニズムだ。

【メルセデスベンツ E250CGI 試乗】素晴らしいレスポンス…松田秀士 画像
試乗記

【メルセデスベンツ E250CGI 試乗】素晴らしいレスポンス…松田秀士

初期のモデルに比べてどんどんボディの完成度が増してゆくことに驚きを感じる。走行時の振動感もなく素晴らしい乗り心地だ。もしかするとボディとコンパクトな4気筒エンジンのマッチングがとても良いのかもしれない。もう一つ、5速ATとのマッチングも。

【メルセデスベンツ E250CGIクーペ 試乗】ライトウェイト感覚に感動…御堀直嗣 画像
試乗記

【メルセデスベンツ E250CGIクーペ 試乗】ライトウェイト感覚に感動…御堀直嗣

メルセデス・ベンツの環境技術の総称であるフルーエフィシェンシーの一つを搭載する、『E250CGI ブルーエフィシェンシー クーペ』に試乗した。

【メルセデスベンツ C250CGI ステーションワゴン 試乗】実用車としての魅力を再認識…島崎七生人 画像
試乗記

【メルセデスベンツ C250CGI ステーションワゴン 試乗】実用車としての魅力を再認識…島崎七生人

“ブルーエフィシェンシー”とは、メルセデスベンツが打ち出す、最新環境対応技術の総称。そのなかの具体策のひとつが、直噴エンジンとターボを組み合わせ、低燃費と高出力を実現した新開発CGIエンジンだ。

【メルセデスベンツ E250CGI アバンギャルド 試乗】ガマンいらず…森口将之 画像
試乗記

【メルセデスベンツ E250CGI アバンギャルド 試乗】ガマンいらず…森口将之

ヨーロッパで乗る『Eクラス』のタクシーは4気筒ディーゼルターボなのに、かなり速い。だからガソリンの直噴ターボでもイケるんじゃないかと思っていたが、実車は予想以上だった。

【メルセデスベンツ C250CGI 試乗】もう6気筒はいらない…森口将之 画像
試乗記

【メルセデスベンツ C250CGI 試乗】もう6気筒はいらない…森口将之

これってホントに4気筒?というのが第一印象。

【メルセデスベンツ E250CGIアバンギャルド 試乗】スマートにダウンサイズ…島崎七生人 画像
試乗記

【メルセデスベンツ E250CGIアバンギャルド 試乗】スマートにダウンサイズ…島崎七生人

『E250CGIアバンギャルド』仕様は、通常のガソリンエンジン搭載の輸入車として初めて“エコカー減税対象車(重量税、取得税各50%の減税)”の型式認定を取得している。

【メルセデス・ベンツ C250 CGIステーションワゴン 試乗】力感十分、オススメのハイバランス・モデル…森野恭行 画像
自動車 ニューモデル

【メルセデス・ベンツ C250 CGIステーションワゴン 試乗】力感十分、オススメのハイバランス・モデル…森野恭行

先代Eクラスの時代から、欧州では3.5リットルV6のCGIが設定されていた。だが、日本に真っ先にやってきたCGIは……いちだんとエコなメカ構成の1.8リットル直4ターボだった。

【メルセデス・ベンツ E250CGI アバンギャルド 試乗】重厚なトルクと走りの質でメルセデスらしさを体現…松下宏 画像
自動車 ニューモデル

【メルセデス・ベンツ E250CGI アバンギャルド 試乗】重厚なトルクと走りの質でメルセデスらしさを体現…松下宏

メルセデス・ベンツ『Eクラス』と『Cクラス』に直列4気筒の直噴ターボエンジンを搭載したモデルが追加された。最近のエンジン排気量のダウンサイジングの流れを象徴するモデルである。

【メルセデス・ベンツ E250 CGI アバンギャルド 試乗】走りの上質感と買い得感に優れる…萩原秀輝 画像
自動車 ニューモデル

【メルセデス・ベンツ E250 CGI アバンギャルド 試乗】走りの上質感と買い得感に優れる…萩原秀輝

メルセデスの基幹車種『Eクラス』に、『E250CGI ブルーエフィシェンシー』が追加された。上級モデルの「アバンギャルド」は、通常のガソリンエンジンを搭載した輸入車として初となるエコカー減税対象車となることでも注目を集めている。

【メルセデス・ベンツ E250 CGI アバンギャルド 試乗】Eクラスのポテンシャルを色濃く演じる…河村康彦 画像
自動車 ニューモデル

【メルセデス・ベンツ E250 CGI アバンギャルド 試乗】Eクラスのポテンシャルを色濃く演じる…河村康彦

右ハンドル仕様に3リットルモデル、さらにはクーペと、着々とバリエーションを増やしつつある新型Eクラス。そうした中で、このほど追加された『E250シリーズ』は、「日本にはこれぞ真打ち!」とそう受け取れるモデルでもありそうだ。

【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】「“プレミアム”と“エコ”の両立はメルセデスの本質的価値」…商品企画マネージャー 画像
自動車 ニューモデル

【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】「“プレミアム”と“エコ”の両立はメルセデスの本質的価値」…商品企画マネージャー

「ブルーエフィシエンシー」と題して、様々な環境技術に取り組むメルセデス・ベンツ。新型Eクラスの商品企画を担当する豊生(とよお) 氏に、輸入ガソリン車で初のエコ減税対象車となった「E250CGI ブルーエフィシエンシー」について話を聞いた。

    前 < 1 2 3 4 5 > 次
Page 3 of 5