井元康一郎のビフォーアフターに関するニュースまとめ一覧

井元康一郎 いもと・こういちろう :鹿児島出身。大学卒業後、パイプオルガン奏者、高校教員、娯楽誌記者、経済誌記者などを経て独立。自動車、宇宙航空、電機、化学、映画、音楽、楽器などをフィールドに、取材・執筆活動を行っている。「ビフォーアフター」では、環境・エネルギーを主体として、100年に1度と言われるクルマの劇的変化をリポートする。

関連インデックス
電気自動車 EV、PHEV、PHV 燃料電池 FC ハイブリッドカー HV 環境省 コラム
【ダイハツ タントカスタム 800km 試乗】“欠点のなさ”が光るスーパーハイトワゴンの定番…井元康一郎 画像
自動車 ニューモデル

【ダイハツ タントカスタム 800km 試乗】“欠点のなさ”が光るスーパーハイトワゴンの定番…井元康一郎

新車販売の4割にまで比率が上昇した軽自動車。その軽自動車の中でも販売台数でトップをひた走るのは、ダイハツのスーパーハイトワゴン『タント』。昨年10月にデビューした第3世代モデルとなる現行タントを長距離試乗したのでリポートする。

【スズキ ハスラー 650km試乗】大自然に似合うデザインとSUV的乗り味、そして良好な燃費…井元康一郎 画像
自動車 ニューモデル

【スズキ ハスラー 650km試乗】大自然に似合うデザインとSUV的乗り味、そして良好な燃費…井元康一郎

スズキの新型軽クロスオーバーSUV『ハスラー』の大ブレイクが話題になっている。『ワゴンR』ベースの派生モデルがこれほどカスタマーに受けているのは何ゆえかを体感すべく、600kmあまりのツーリングに出かけてみた。

【ホンダ フィットRS 900km試乗】回して楽しい爽快エンジン、エコランせずとも好燃費…井元康一郎 画像
試乗記

【ホンダ フィットRS 900km試乗】回して楽しい爽快エンジン、エコランせずとも好燃費…井元康一郎

昨年秋に第3世代モデルへとバトンタッチしたホンダの主力コンパクトカー『フィット』。1.5リットル直噴+6速MTの1.5リットル「RS」を年末年始に900km近くドライブ、ロングツーリングにおけるフィールを検証してみた。

【マツダ アクセラ試乗】高い完成度ながら足まわりにさらなる熟成の余地…井元康一郎 画像
自動車 ニューモデル

【マツダ アクセラ試乗】高い完成度ながら足まわりにさらなる熟成の余地…井元康一郎

昨年11月に第3世代モデルに切り替わったマツダの世界戦略車『アクセラ』。5ドアハッチバック「スポーツ」の1.5リットル+6速MT、2リットル+6速AT、セダンのハイブリッドの3車種に横浜港湾地区で試乗する機会があった。

【井元康一郎のビフォーアフター】自動車メーカーはクルマ離れ阻止をかけ、無料幹線網の整備を進言せよ 画像
自動車 社会

【井元康一郎のビフォーアフター】自動車メーカーはクルマ離れ阻止をかけ、無料幹線網の整備を進言せよ

高速道路の償還期限が再延長され、無料化は半世紀先になる公算が大となった。このさい恒久有料化を認め、そのかわりに高速道路ではなく無料幹線網の整備を行う新スキームに以降すべきだ。クルマを低コストで走らせるインフラを整備しない限り、クルマ離れはこれからも進む。

【井元康一郎のビフォーアフター】Bセグ非ハイブリッドの燃費トップ、スイフトDJE にみた“エコカーの忘れ物” 画像
試乗記

【井元康一郎のビフォーアフター】Bセグ非ハイブリッドの燃費トップ、スイフトDJE にみた“エコカーの忘れ物”

世界的な燃費競争はハイブリッドカーやクリーンディーゼルのみならず、普通のガソリンエンジンを搭載したクルマでも激化の一途をたどるばかり。その燃費戦争でトップに立った『スイフトDJE』を900kmあまりドライブ。その出来は・・・。

【井元康一郎のビフォーアフター】軽ばかりじゃない!? 増税懸念もある環境自動車税の気になる成り行き 画像
自動車 社会

【井元康一郎のビフォーアフター】軽ばかりじゃない!? 増税懸念もある環境自動車税の気になる成り行き

今年に入って自動車税制改革の検討を行ってきた「自動車関係税制のあり方に関する検討会」は今月4日、最終会合で自動車税制を現行の排気量別から排気量とCO2(二酸化炭素排出量)の併用方式に移行させるべしということで意見をまとめた。

【井元康一郎のビフォーアフター】スズキが迎える軽自動車増税の正念場 画像
自動車 ニューモデル

【井元康一郎のビフォーアフター】スズキが迎える軽自動車増税の正念場

日本の自動車販売の4割近くを占める“地方の足”軽自動車の税金が大幅に引き上げられる公算がいよいよ大となってきた。

【井元康一郎のビフォーアフター】燃料電池車にネクストステージはあるか 画像
エコカー

【井元康一郎のビフォーアフター】燃料電池車にネクストステージはあるか

プラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)、航続距離延長型電気自動車(E-REV)など、次世代エコカーの開発や技術革新が注目を集める一方で、水素を使って走る燃料電池車(FCEV)をめぐる戦いもまた静かにヒートアップしている。

【井元康一郎のビフォーアフター】EVはスマートグリッド普及の道具であってはならない 画像
自動車 社会

【井元康一郎のビフォーアフター】EVはスマートグリッド普及の道具であってはならない

与党民主党は今、エネルギー政策を太陽光、風力、地熱などの再生可能エネルギーを大々的に導入する方向へと急速に転換させている。菅直人首相は再生可能エネルギー固定価格買い取り法案を、自らの首と引き換えにしてでも可決させようと意気軒昂である。

【井元康一郎のビフォーアフター】電動化にひけを取らぬエンジン車の革新 画像
エコカー

【井元康一郎のビフォーアフター】電動化にひけを取らぬエンジン車の革新

世界を走る乗用車の中で圧倒的多数派を占めるガソリンエンジン車。その燃費向上をめぐって、メーカー間の競争がますます激化する様相を見せている。

【井元康一郎のビフォーアフター】震災で注目、中国製電動スクーターの脅威 画像
自動車 ビジネス

【井元康一郎のビフォーアフター】震災で注目、中国製電動スクーターの脅威

JR、私鉄が数日にわたって停止、幹線道路は軒並み大渋滞でほとんど流れずといった状況の中で大いに存在感をアピールしたのが、クルマよりも規模の小さい、ライトなパーソナルモビリティだった。

【井元康一郎のビフォーアフター】被災地の復興にスマートグリッドという選択 画像
自動車 社会

【井元康一郎のビフォーアフター】被災地の復興にスマートグリッドという選択

被災地の復興には膨大な資材、資金と長い時間が必要だ。復興のプロセスを通じて払われた犠牲を別の形ででも埋め合わせていくために、方策のひとつとして挙げられるのが、壊滅した地域の電力インフラを最新技術を駆使した『スマートグリッド特区』化するというものだ。

【井元康一郎のビフォーアフター】原発のピンチで日本のEV普及に暗雲…? 画像
エコカー

【井元康一郎のビフォーアフター】原発のピンチで日本のEV普及に暗雲…?

次世代エコカーの有力技術のひとつとして注目を集めていたEVに、やおら暗雲が漂いはじめた。原因は言わずもがな、東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の大事故である。

【井元康一郎のビフォーアフター】日米に見るEV普及政策のつまづきと課題 画像
エコカー

【井元康一郎のビフォーアフター】日米に見るEV普及政策のつまづきと課題

「来年度以降のEV補助金がどうなるかは気がかりです。日本のEVは世界の最先端。せっかく芽が出てきたところだったのに」

    1 2 3 4 > 次
Page 1 of 4