2013年7月のレスポンス試乗記に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
日本自動車工業会(自工会)
【スズキ MRワゴン Wit 試乗】センスと質感は軽自動車中 随一……島崎七生人 画像
試乗記

【スズキ MRワゴン Wit 試乗】センスと質感は軽自動車中 随一……島崎七生人

きゃりーぱみゅぱみゅ。楽しげな楽曲はレポーターも聴かないことはないが、そんな彼女をCMに起用して登場したのが、この『MRワゴン Wit(ウィット)』だ。

【フォード フォーカス 試乗】ワインディングが似合うハンドリング、実用性も十分…諸星陽一 画像
試乗記

【フォード フォーカス 試乗】ワインディングが似合うハンドリング、実用性も十分…諸星陽一

しばらくのあいだ、日本への輸入が途絶えていたフォード『フォーカス』。新型に試乗した。

【マツダ CX-5 XD 4WD 試乗】2WD以上にシットリの足回り、期待に違わぬ好燃費…島崎七生人 画像
試乗記

【マツダ CX-5 XD 4WD 試乗】2WD以上にシットリの足回り、期待に違わぬ好燃費…島崎七生人

"Be a driver"と、新たな打ち出しを展開中のマツダ。SKYACTIV技術をフルに投入した『CX-5』は、そんなキャンペーンの核となる車種のひとつだ。

【スズキ スイフト 試乗】大衆車の課題に正面から挑んだ開発陣に拍手…家村浩明 画像
自動車 ニューモデル

【スズキ スイフト 試乗】大衆車の課題に正面から挑んだ開発陣に拍手…家村浩明

『スイフト』が渋いマイナーチェンジを行なった。

【フィット プロトタイプ 試乗】たとえ一瞬だとしても、世界一の低燃費HVというインパクトは重要…吉田由美 画像
試乗記

【フィット プロトタイプ 試乗】たとえ一瞬だとしても、世界一の低燃費HVというインパクトは重要…吉田由美

ホンダが9月に発売する『フィットハイブリッド』。発売に先駆けて、プロトタイプに試乗させていただきました。

【スズキ スイフト 試乗】デュアルジェットというネーミングに期待すると…丸山誠 画像
試乗記

【スズキ スイフト 試乗】デュアルジェットというネーミングに期待すると…丸山誠

スズキの低燃費戦略はエネチャージをコアにして着々と進行している。『ワゴンR』で初搭載されたこの技術は、軽自動車に水平展開されつつあるので、いずれは登録車の『スイフト』にも装着されることは予想していた。

【スズキ スイフト 試乗】デュアルインジェクター搭載で走りも燃費も向上…諸星陽一 画像
自動車 ニューモデル

【スズキ スイフト 試乗】デュアルインジェクター搭載で走りも燃費も向上…諸星陽一

スズキの『スイフト』がマイナーチェンジし、JC08モードで26.4km/リットルの燃費データを実現。1.2リットル以上のガソリンエンジン車としてトップの燃費性能となった。

【スバル XV ハイブリッド 試乗】燃費の優位性は確認…島崎七生人 画像
自動車 ニューモデル

【スバル XV ハイブリッド 試乗】燃費の優位性は確認…島崎七生人

予想以上というべきか、『XVハイブリッド』の受注台数は発表後2週間の時点で月販目標の10倍超(5580台)、XVに占める割合は約7割に達したという。今やハイブリッドは燃費と販売に絶大な威力がある。

【スズキ ワゴンR 試乗】驚かずにはいられないレーダーブレーキサポート…丸山誠 画像
試乗記

【スズキ ワゴンR 試乗】驚かずにはいられないレーダーブレーキサポート…丸山誠

軽自動車の燃費競争は激しさを増すばかりで、ついにハイトワゴンでも大台の30.0km/リットル(JC08モード燃費)を『ワゴンR』が達成。

【スズキ ワゴンR 試乗】無駄をそぎ落とした走り、しっかり止まる衝突回避システム…諸星陽一 画像
自動車 ニューモデル

【スズキ ワゴンR 試乗】無駄をそぎ落とした走り、しっかり止まる衝突回避システム…諸星陽一

1993年に誕生、今年で20周年を迎えたスズキ『ワゴンR」 がマイナーチェンジ、燃費を向上したうえで安全装置のオプション設定などを行った。

【スズキ スイフト 試乗】“デュアルジェット・エンジン”の走りはいかに…島崎七生人 画像
試乗記

【スズキ スイフト 試乗】“デュアルジェット・エンジン”の走りはいかに…島崎七生人

先頃マイナーチェンジされたスズキ『スイフト』では、インジェクターを2つ持つ新開発のDJE(デュアルジェット・エンジン)を搭載。

【スズキ スペーシア カスタム 試乗】一家に一台のファーストカーになりうる、愛犬も喜ぶ“男性用スペーシア”…青山尚暉 画像
試乗記

【スズキ スペーシア カスタム 試乗】一家に一台のファーストカーになりうる、愛犬も喜ぶ“男性用スペーシア”…青山尚暉

スーパーハイト系軽自動車は子育てプチバンというイメージが強い。

【スズキ ワゴンR 試乗】“切り詰めた感”より“高効率な走り”を実感…島崎七生人 画像
試乗記

【スズキ ワゴンR 試乗】“切り詰めた感”より“高効率な走り”を実感…島崎七生人

最新カタログの表紙の渡辺謙が人さし指で“1”のポーズ。全高1550mm以上の軽ワゴンで再度ナンバー1のカタログ燃費をモノにし、安全装備も充実させた新型ワゴンRが登場した。

【ボルボ V40 クロスカントリー 試乗】雪国のユーザーが積極的に選べる輸入車…松下宏 画像
試乗記

【ボルボ V40 クロスカントリー 試乗】雪国のユーザーが積極的に選べる輸入車…松下宏

ボルボ『V40クロスカントリー』は、基本はV40そのものだが、専用のフロントグリルを始め、ルーフレール、サイドのスカッフプレート、リヤのスキッドプレートなどによって外観デザインを差別化している。

【トヨタ エスティマハイブリッド 試乗】走りの良さは変わらないが価格の高さが問題…松下宏 画像
試乗記

【トヨタ エスティマハイブリッド 試乗】走りの良さは変わらないが価格の高さが問題…松下宏

現行『エスティマ』がデビューしたのは2006年1月でモデルサイクルは長期化している。なのに2013年5月には一部改良を実施した。改良の中身は装備の充実化が中心だが、まだしばらくはこのモデルの生産を続けるという意思が示されたことになる。

    1 2 3 4 5 > 次
Page 1 of 5