テクノロジーのニュース記事一覧 | 宇宙 | レスポンス(Response.jp)

宇宙 テクノロジーニュース記事一覧

テスラ ロードスター 新型に小型ロケット10個を装着…「スペースX」パッケージ設定へ 画像
エコカー

テスラ ロードスター 新型に小型ロケット10個を装着…「スペースX」パッケージ設定へ

テスラのイーロン・マスクCEOは6月9日、新型EVスポーツカーのテスラ『ロードスター』に、「スペースX」パッケージを設定すると発表した。

航空機の博物館が出来るまで…その歴史と修復へのこだわり 画像
モータースポーツ/エンタメ

航空機の博物館が出来るまで…その歴史と修復へのこだわり

岐阜県各務原市にある“岐阜かかみがはら航空宇宙博物館”は、1996年に開館。ここを作るために、どのような基準をもとに機体を収集、復元していったのか。単に集めてきれいに修復すればいいのではないという問題提起も含めて、創設に携わった著者が詳細に経緯を語る。

YONEXのカーボンバイクに用いられたナノテクが凄い!…nano tech2018 画像
自動車 ビジネス

YONEXのカーボンバイクに用いられたナノテクが凄い!…nano tech2018

nano tech2018のNEDOブースには、YONEXのカーボンロードバイクが展示されていた。ナノテクは、様々な分野で従来にない性能を実現する分子レベルの開発技術。実はCFRPの弱点を補うにも絶好の素材があったのだ。

豊田通商、マゼラン社に出資…高精度衛星測位ビジネスで協業へ 画像
自動車 テクノロジー

豊田通商、マゼラン社に出資…高精度衛星測位ビジネスで協業へ

豊田通商は1月25日、センチメートル級の衛星測位技術を持つマゼランシステムズジャパンへ出資、高精度衛星測位ビジネス市場開拓で協業を進めると発表した。

赤い車を赤い惑星に…テスラの宇宙ロケット、EVスポーツカーを載せ火星へ 画像
エコカー

赤い車を赤い惑星に…テスラの宇宙ロケット、EVスポーツカーを載せ火星へ

米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが率いる宇宙開発企業、「スペースX」。同社が、2018年に予定している初の打ち上げに使う新開発の大型ロケットの画像が公開された。

大型船のスクリューもCFRPの時代…三菱ケミカル【先端材料技術展2017】 画像
船舶

大型船のスクリューもCFRPの時代…三菱ケミカル【先端材料技術展2017】

航空機やクルマの分野では採用が進むCFRP。しかし船舶、それも大型船舶となるとそもそも全てが大きく重く、頑強な作り。あまり軽量化を考えているとは想像できない。

難加工材のインコネルも3Dプリンタで扱える時代に…ソライズプロダクツ【モノづくりマッチング2017】 画像
自動車 ビジネス

難加工材のインコネルも3Dプリンタで扱える時代に…ソライズプロダクツ【モノづくりマッチング2017】

モノづくりマッチングJAPANの展示で大きなテーマの1つが3D造形技術。素材面の充実ぶりも著しく、最近は金属も積層して造形できるようになってきた。白銅のブースには、そんな金属製の試作品を3Dプリンタで製作したモノがズラリと並べられていた。

テスラの宇宙ロケットに国際線旅客機構想…東京-NYが37分[動画] 画像
宇宙

テスラの宇宙ロケットに国際線旅客機構想…東京-NYが37分[動画]

米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが率いる宇宙開発企業、「スペースX」。同社が描く未来の高速移動の姿が、ネット上で公開された。

火星生活に必要なインフラデザインを募集中---VRで模擬体験へ 画像
宇宙

火星生活に必要なインフラデザインを募集中---VRで模擬体験へ

 日本HPは、米国・HPらが進める国際的プロジェクト「HP Mars Home Planet」の一環として、国内学生からアイデアを募集するプログラム「Project MARS - Education League JP -」を始動した。10月31日まで学生の参加応募を受け付ける。

準天頂衛星からのCLAS信号を使った自動運転、三菱電機が実証実験開始 画像
自動車 テクノロジー

準天頂衛星からのCLAS信号を使った自動運転、三菱電機が実証実験開始

三菱電機は、世界で初めて、準天頂衛星システムからのセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)信号を用いた自動運転の実証実験を9月19日から高速道路で開始した。

NASA、火星探査車のコンセプトモデルを披露---リアル!! 画像
宇宙

NASA、火星探査車のコンセプトモデルを披露---リアル!!

NASA(アメリカ航空宇宙局)は6月5日、米国フロリダ州のケネディ宇宙センター・ビジター施設での一般向けイベント「火星の夏」において、マーズローバー(火星探査車)の新しいコンセプトモデルを披露した。

宇宙デブリの除去に向けた実証実験で「有効性」を確認 画像
宇宙

宇宙デブリの除去に向けた実証実験で「有効性」を確認

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙デブリ(宇宙ごみ)を除去するため、「こうのとり」6号機に搭載して行った「HTV搭載導電性テザー実証実験(KITE)」の結果を発表した。

宇宙デブリを除去する実証実験、「こうのとり」6号機が開始 画像
宇宙

宇宙デブリを除去する実証実験、「こうのとり」6号機が開始

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機を使って「宇宙ごみ」(スペースデブリ)を除去する実証実験を開始した。

【オートモーティブワールド2017】NECエンジニアリングの電子ビーム溶接は何が違うのか 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】NECエンジニアリングの電子ビーム溶接は何が違うのか

NECエンジニアリングは、電子ビーム溶接を通して現代の高い要求水準の幅広いニーズにこたえようと、様々な事例の紹介を「オートモーティブワールド2017」の会場で行った。

【東京オートサロン2017】エイチ・ピー・アイ、開発中の「冷却ベスト」を展示 画像
自動車 ニューモデル

【東京オートサロン2017】エイチ・ピー・アイ、開発中の「冷却ベスト」を展示

エイチ・ピー・アイは、競技用としてだけではなく、日常作業用としても使える「冷却ベスト」を東京オートサロンに参考出品していた。ベスト本体はJAXA(宇宙航空研究開発機構)が開発したもので、これに同社製の冷却機を組み合わせて使用するという。

JAXA、世界最小のロケット打ち上げ失敗…機体からテレメータを受信できず 画像
宇宙

JAXA、世界最小のロケット打ち上げ失敗…機体からテレメータを受信できず

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、世界最小のロケット「SS-520 4号機」の打ち上げに失敗したと発表した。

宇宙競争新時代の“主役”はイーロン・マスク? 爆発事故から4ヶ月で「ファルコン9」打ち上げ再開 画像
宇宙

宇宙競争新時代の“主役”はイーロン・マスク? 爆発事故から4ヶ月で「ファルコン9」打ち上げ再開

イーロン・マスク氏率いる宇宙開発企業スペースXは、2016年9月に爆発事故を起こした再使用型ロケット「ファルコン9」の打ち上げを、今月8日に再開すると発表した。過熱する民間企業の宇宙開発競争の現状に迫る。

情報通信研究機構(NICT)、うるう秒の挿入を約1年半ぶりに実施 画像
宇宙

情報通信研究機構(NICT)、うるう秒の挿入を約1年半ぶりに実施

日本標準時の維持・通報を行っている国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)は1日、「うるう秒」の挿入を実施した。日本標準時では午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「午前8時59分60秒」を入れることで「原子時」と「天文時」の調整を行っている。

流星群の観察の仕方を国立天文台が解説…12月13-14日はふたご座流星群 画像
宇宙

流星群の観察の仕方を国立天文台が解説…12月13-14日はふたご座流星群

 いよいよやってきた2016年最大流星群の最終者「ふたご座流星群」。見頃は12月13日・14日とされるが、もっとも観察に適した時刻や場所、見上げるべき方角や観察アイテムについて知り、準備万端で臨みたいものだ。国立天文台スタッフに話を聞いた。

H-IIAロケット打ち上げ成功、静止気象衛星「ひまわり9号」を軌道上に投入 画像
宇宙

H-IIAロケット打ち上げ成功、静止気象衛星「ひまわり9号」を軌道上に投入

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、H-IIAロケット31号機による静止気象衛星「ひまわり9号」の打ち上げが成功したと発表した。

月面探査車両に名前をつけよう---XPRIZEに挑戦中 画像
宇宙

月面探査車両に名前をつけよう---XPRIZEに挑戦中

日本初の民間月面探査チーム「TEAM HAKUTO」が月にローバー(ロボット車両)を送り込むプロジェクトに挑戦中だ。KDDIは、このローバーの名前を一般から募集する「au×HAKUTO 月面探査ローバー命名コンテスト」を、11月18日まで開催している。

【国際航空宇宙展16】人工衛星でcmオーダーの測位へ…2018年 画像
宇宙

【国際航空宇宙展16】人工衛星でcmオーダーの測位へ…2018年

三菱電機は、同社製造の人工衛星のモデルをまんなかに置き、2018年に4機体制とする同社「準天頂衛星」と、それに関連した「センチメータ級高精度測位ソリューション」を提案。

【国際航空宇宙展16】過去最大規模でついに開幕[写真蔵] 画像
航空

【国際航空宇宙展16】過去最大規模でついに開幕[写真蔵]

2016年国際航空宇宙展(JA2016)が12日、臨海都心の東京ビッグサイトを会場に始まった。国内外792社・団体が出展、50年の同展示会の歴史の中で過去最大、同種の展示会としては日本最大規模となった。

三菱電機、センチメーター級測位補強サービス対応受信チップを開発 画像
自動車 テクノロジー

三菱電機、センチメーター級測位補強サービス対応受信チップを開発

三菱電機は、準天頂衛星システムの利用拡大を推進するため、自動車向け測位用・ワイヤレス通信用半導体分野で世界大手メーカーのスイスのユーブロックスと提携、「センチメータ級測位補強サービス」対応の自動車向け受信チップを開発することで合意した。

ゲリラ豪雨の3次元高速観測に成功…日本無線のフェーズドアレイ気象レーダ 画像
宇宙

ゲリラ豪雨の3次元高速観測に成功…日本無線のフェーズドアレイ気象レーダ

日本無線は、独自開発したフェーズドアレイ気象レーダにより、東京湾周辺の都市部で発生するゲリラ豪雨の3次元高速観測に成功した。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 36