【画像】【注目軽&コンパクト】対策すすむ軽自動車の安全性能、コンパクトは総合性能で勝負 (5/51)| レスポンス(Response.jp)
安全装備の比較表。シエンタは約30~80km/hでプリクラッシュブレーキアシストが作動する。シャトルは低速域衝突軽減ブレーキと誤発進抑制機能「シティブレーキアクティブシステム」を搭載。作動域は30km/h以下に限られる。4台の中では、シエンタのみが車線逸脱警報機能「レーンディパーチャーアラート」とライトのハイとローを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」を装備。先行車が発信したことを知らせてくれる機能もある。一方、シャトル、ラパン、デイズには、低速域での誤発進抑制装置がつく。

【注目軽&コンパクト】対策すすむ軽自動車の安全性能、コンパクトは総合性能で勝負 5枚目の写真・画像

《撮影 太宰吉崇》 安全装備の比較表。シエンタは約30~80km/hでプリクラッシュブレーキアシストが作動する。シャトルは低速域衝突軽減ブレーキと誤発進抑制機能「シティブレーキアクティブシステム」を搭載。作動域は30km/h以下に限られる。4台の中では、シエンタのみが車線逸脱警報機能「レーンディパーチャーアラート」とライトのハイとローを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」を装備。先行車が発信したことを知らせてくれる機能もある。一方、シャトル、ラパン、デイズには、低速域での誤発進抑制装置がつく。

編集部おすすめのニュース