ブリヂストン、国内市販用タイヤ値上げへ…2022年4月から3度目

ブリヂストン ECOPIA EP150(参考画像)
  • ブリヂストン ECOPIA EP150(参考画像)
  • ブリヂストン ブリザック VRX3(参考画像)

ブリヂストンは、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格について、夏タイヤを4月1日より、冬タイヤを7月1日より、6~8%値上げすると発表した。

値上げはタイヤ原材料価格や生産・供給に関わるエネルギー費等の高騰によるもの。

ブリヂストンは国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を2022年4月に7~10%、同年9月に3~8%値上げしており、今回が3度めの価格引き上げとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集