メルセデスベンツ『Eクラス』次期型の未来的コックピットを初スクープ

メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(画像の一部を加工済み)
  • メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(画像の一部を加工済み)
  • メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(画像の一部を加工済み)
  • メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツが現在、開発を進める主力セダン『Eクラス』次期型。スクープサイト「Spyder7」は、そのコックピットを激写することに初めて成功した。

ダッシュボードの多くはカバーで覆われているが、EVセダンの『EQE』を彷彿させる未来的なセンタースクリーンが装備されていることが確認できる。中央タッチスクリーンの下には様々なボタンが配置されている。ボタン式ではなくタッチ静電容量式のように見え、運転モードの選択やハザードの操作、エンターテイメントシステムの音量調整などがここでできるはずだ。

メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(画像の一部を加工済み)メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(画像の一部を加工済み)

市販型では、『Cクラス』と同等の11.9インチスクリーンが標準で、『Sクラス』で採用される12.9インチOLEDスクリーンがオプションとして利用可能になるだろう。

エクステリアはこれまで見られたプロトタイプと変わりないが、フロントエンドにスリムになったヘッドライトを装備、グリルは現行型と比べると若干拡大されている。また側面ではシンプルなキャラクターラインを配置、現行型から大きく逸脱していない様子が伺える。

メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

予想されるパワートレインの一つは、マイルドハイブリッドテクノロジーを搭載した2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンで、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発揮する。そのほか、最高出力320ps、最大トルク520Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジンの改良バージョンをラインアップ。また最上位のAMG『E53 E-Performanceプラグインハイブリッド』では、AMG『C63 E-Performance』と同じシステムを搭載し、最高出力680ps、最大トルク750Nmが見込まれている。

Eクラス次期型のワールドプレミアは、2023年初頭と予想されるが、2022年内にサプライズ公開される可能性もありそうだ。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集