フォード マスタングEV、生産15万台…約2年で達成

フォード・マスタング・マッハE
  • フォード・マスタング・マッハE
  • フォード・マスタング・マッハE
  • フォード・マスタング・マッハE
  • フォード・マスタング・マッハE
  • フォード・マスタング・マッハE

フォードモーターは1130日、電動SUVのフォード『マスタング・マッハE』(Ford Mustang Mach-E)の生産台数が15万台に到達した、と発表した。生産開始から約2年での15万台達成となる。

最新の2023年モデルのマスタング・マッハEでは、蓄電容量91kWhの「エクステンディッドレンジ」バッテリーを搭載する「プレミアム」グレードが、航続を拡大した。

駆動方式AWD4輪駆動)仕様の場合、EPA(米国環境保護局)認定の航続見込み値は、290マイル(約466km)に到達する。これは、従来型に対して13マイル(約20km)、率にして約5%の航続延長となる。

マスタング・マッハEの導入市場は、発売当初の世界22か国から、現在では世界37か国に拡大した。米国では10台におよそ8台、欧州では10台におよそ9台が、内燃エンジン車からの乗り換えになるという。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集