アウディ、新しいリサイクルプロセス確立…『Q8 e-tron』の樹脂パーツに使用

アウディ Q8 e-tron
  • アウディ Q8 e-tron
  • アウディ Q8 e-tron
  • アウディ Q8 e-tron
  • アウディの「ケミカルリサイクル」
  • アウディ Q8 e-tron

アウディ(Audi)は11月23日、電動SUVの『Q8 e-tron』の安全関連パーツにアウディとして初めて、「ケミカルリサイクル」と呼ばれるプロセスを導入した、と発表した。

アウディはQ8 e-tronのシートベルトバックルの樹脂製カバーに、このプロセスを導入した。ケーシングの一部をケミカルリサイクルプロセスによって、自動車の混合プラスチック廃棄物から製造している。

修理不能なプラスチック部品が顧客の車両から取り外され、金属クリップなどの異物が除去された後、小さな破片に分解され、ケミカルリサイクルによって熱分解油に加工される。この熱分解油は、マスバランスアプローチと呼ばれる枠組みの中で、新しいプラスチック製造の原料として使用される。このようにして生成されたプラスチック顆粒は、Q8 e-tronシートベルトバックルカバーの製造に使われている。熱分解油から製造された素材は、新しく製造されたプラスチックと同じ高い品質と技術的特性を備えているという。

アウディは、このプロセスを通じて、従来エネルギー回収用にしか利用できなかった物質のリサイクルフローを確立することに成功した。この作業により、化石原料を長期間にわたって使用することが可能になると同時に、Q8 e-tronの生産において、一次原料の購入を削減することができる、としている。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集