奥羽本線鷹ノ巣-大館間の再開は10月7日…当初予定より1日早く

再開する秋田~青森間の特急『つがる』。
  • 再開する秋田~青森間の特急『つがる』。

JR東日本秋田支社は10月5日、8月の大雨により運行を見合わせていた奥羽本線鷹ノ巣~大館間を10月7日始発から再開すると発表した。

9月28日発表時点では10月8日頃の再開とされていたが、1日繰り上げての再開となり、秋田~青森間の特急『つがる』も全区間で再開となる(指定席は10月6日から発売)。

これにより代行バスの運行は10月6日限りで終了するが、大館8時発鷹ノ巣行き代行バス8便は花輪線の代行バスと接続する関係で、10月7日に限り運行される。

貨物列車も10月7日早朝から秋田貨物~大館間が再開し、8月16日から行なわれていた東海道本線・東北本線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道経由の関西~北海道間の迂回輸送が10月5日限り、秋田貨物~大館間、仙台貨物ターミナル~秋田貨物間、秋田貨物~東青森間のトラック代行輸送が10月6日限りでそれぞれ終了となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集