3列7人乗りバージョンの『オーストラル』はエスパスの後継モデルとなるのか?

ルノー オーストラル の3列シート仕様と思われるプロトタイプ車両(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル の3列シート仕様と思われるプロトタイプ車両(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル の3列シート仕様と思われるプロトタイプ車両(スクープ写真)
  • ルノー オーストラル
  • ルノー オーストラル
  • ルノー エスパス
  • ルノー エスパス

ルノーは2022年3月、SUV『カジャー』の後継モデルとしてハイブリッドSUV『オーストラル』を発表したが、3列7人乗りのミニバンタイプが開発中であることがわかった。『エスパス』の車名を継承する可能性もあるというこのモデルを、スクープサイト「Spyder7」がキャッチした。

スペインで捉えたプロトタイプ車両はオーストラルに似ているが、より長いリアオーバーハングが確認できるほか、ルーフラインが異なり、リアエンドが新設計されていることがわかる。そのサイズ感から、おそらく3列7人乗りレイアウトで、後席乗員用の十分なスペースと、ラゲッジルームを備えたオーストラルのミニバンバージョンと予想される。

ルノー オーストラル の3列シート仕様と思われるプロトタイプ車両(スクープ写真)ルノー オーストラル の3列シート仕様と思われるプロトタイプ車両(スクープ写真)

フロントエンドの画像はないが、オーストラルとは差別化されたデザインを採用するだろう。「CMF-CD」アーキテクチャを採用し、電動パワートレインを共有すると思われる。

ルノーのミニバンといえばすでにエスパス(Espace)がある。1984年のデビュー以来、5世代にわたるミニバンのパイオニアの1つだ。第5世代となる現行型は2015年に発売。2020年にはクロスオーバースタイルを採用してフェイスリフトされたが、人気の低迷から2022年末までに廃止されると予想されている。

写真は現行モデルのルノーエスパス写真は現行モデルのルノーエスパス

今回スクープしたモデルが実質的な後継モデルとなるのか。市販時には、エスパスの名前を採用する可能性もあるようだが、「オーストラル エスパス」となるのか、単に「エスパス」となるかは明らかになっていない。

オーストラル エスパス/エスパス(仮)のワールドプレミアは、最速で10月17日開幕のパリモーターショーと噂されている。市場では、VW『ティグアン オールスペース』、プジョー『5008』、日産『エクストレイル』などの3列シートSUVが競合車種となりそうだ。

《Spyder7編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集