シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表

シトロエン・ベルランゴ 2CV フルゴネット
  • シトロエン・ベルランゴ 2CV フルゴネット
  • シトロエン・ベルランゴ 2CV フルゴネット
  • シトロエン・ベルランゴ 2CV フルゴネット
  • シトロエン 2CV フルゴネット
  • シトロエン 2CV フルゴネット

シトロエンは9月23日、「ベルランゴ」をベースに名車『2CV』風のコンバージョンを施した『ベルランゴ 2CV フルゴネット』(Citroen Berlingo 2CV Fourgonnette)を欧州で発表した。

2CVは1948年、パリモーターショーで初公開された。2CVは、「卵をひとつも割ることなく、卵が詰まったバスケットを載せて農道を走れる」、「コウモリ傘に四輪を付けた車」と称された。この「TPV(超小型車)」は、市場ですぐに人気となり、1990年までに合計386万8634台が生産された。2CVには、フランス語でライトバンを意味する商用モデル「フルゴネット」も存在した。

シトロエンは、イタリアのコーチビルダー「カゼラーニ」と協力。ベルランゴをベースに、2CV風のコンバージョンを施したベルランゴ 2CV フルゴネットを発表した。ベルランゴをベースに、ビンテージスタイルのボディキットを装着した。大きく丸みを帯びたフロントパネル、シトロエンの「シェブロン」を強調したM字型のフロントグリル、大型の丸いヘッドライト、サイドとリア、ルーフの波形パネルが特長になる。

シトロエン 2CV フルゴネットシトロエン 2CV フルゴネット
《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集