敷くだけで音が変わる!?[音を良くする“ひと手間”]

プロローグ・EWA-3
  • プロローグ・EWA-3
  • プロローグ・EWA-4
  • 『プロローグ・EWA-3、EWA-4』を搭載した「ジャンライン&パートナーズ」のデモカー。
  • 『プロローグ・EWA-3、EWA-4』を搭載した「ジャンライン&パートナーズ」のデモカー。
  • 『プロローグ・EWA-3、EWA-4』を搭載した「ジャンライン&パートナーズ」のデモカー。
  • 『プロローグ・EWA-3、EWA-4』を搭載した「ジャンライン&パートナーズ」のデモカー。

カーオーディオシステムの音を良くしようと思ったら、スピーカー交換やプロセッサーまたはパワーアンプ等の主要ユニットの追加が力を示す。しかし他にも音を変えられる手立てがさまざまある。当特集では、それらを1つ1つ紹介している。

◆今回取り上げるアイテムは、『電磁波吸収アーシングボード』!

今回は、外部パワーアンプ等のカーオーディオユニットの下に敷いたり上に置いたりすることで音が良くなるというアイテム、「プロローグ」の『電磁波吸収アーシングボード』をご紹介する。

さて、これはその名のとおり、カーオーディオユニットから発生する不要な電磁波を取り除いて音質改善を図ろうとするものだ。

これが効果を上げられる理由は以下のとおりだ。

ところでホームオーディオでもカーオーディオでも、システムの音を良くしようと思ったときには「いかに情報量のロスを減らせるか」、ここのところがキモになる。というのも、どんなに優秀なオーディオ機器でも音源に含まれていない音情報は付加できない。つまり、音源に含まれている情報をそのまま出せるかどうか、ここが高音質再生の鍵となる。なのでスピーカーもパワーアンプも、情報をロスしないことが目指されて製品開発されている。

なお、情報のロスはさまざまなところで起こり得る。例えば信号の伝送過程でもロスが有り得るので、オーディオマニアたちは各種ケーブルの選定にも気を使う。さらにはケーブルの接続方法にも注意を払う。

『プロローグ・EWA-3、EWA-4』を搭載した「ジャンライン&パートナーズ」のデモカー。『プロローグ・EWA-3、EWA-4』を搭載した「ジャンライン&パートナーズ」のデモカー。

◆機器から発生する電磁波は、サウンドの鮮度に悪影響を及ぼす…。

で、大抵のオーディオ機器は、音楽信号を読み取ったり制御したり増幅する際に、微妙な量ながらも電磁波を発してしまう。そしてこれは音楽信号に多少なりとも悪影響を及ぼす。ノイズとなって情報量の低下を引き起こすのだ。しかしこの『電磁波吸収アーシングボード』を使えば、それを抑制可能だ。

ちなみに構造は案外シンプルだ。電磁波を吸収する特殊な布がベースとなっていて、その表面と裏面にアルミシートが特殊な接着剤にて貼り付けられている。なお製品は2種類ある。『EWA-3』(税抜価格:3万8000円)と『EWA-4』(税抜価格:3万9000円)とがあり、細かな使い勝手がそれぞれで少々変えられている。

なお、使い方にはコツがある。基本的には外部パワーアンプ等の下に敷く、もしくは上に置くことで不要な電磁波を吸収できるのだが、製品名に「アーシングボード」とあるように、「アースを取る」というひと手間を加えると、さらに効果が上がるのだ。

ただし、その実践方法は各「カーオーディオ・プロショップ」のインストーラーの考え方によって変えられるという。例えば外部パワーアンプに対して使用する場合には、信号系の端子に繋いだ方が良い場合もあれば、電源系の端子からアースを取った方が良い場合もあるという。使用する機器によって、そして状況によって効果の高い方法が都度選択されることとなる。

プロローグ・EWA-4プロローグ・EWA-4

◆興味があれば「カーオーディオ・プロショップ」にてお試しを!

ちなみに、「プロローグ」をプロデュースしているのは、イスラエルの有名スピーカーブランド「モレル」や北米の実力ブランド「アークオーディオ」等の製品を正規輸入している「ジャンライン&パートナーズ」だ。つまり「プロローグ」は、多くのカーオーディオ愛好家に製品を供給している実績ある会社によって企画・開発されている。

そして評判も上々だ。当品が初めてお披露目されたのは2019年2月に開催された『大阪オートメッセ』なのだが、そこに出展した「ジャンライン&パートナーズ」のデモカーにて使用時と未使用時の音の違いがデモされ、多くの専門家や愛好家を驚かせ納得させている。

なお、現在販売されているのはその時に公開されたものの改良版だ。サイズや仕様が見直され、一層使いやすく、そして効果を上げやすくなっている。

ただし当品は今のところ、「カーオーディオ・プロショップ」にて装着することが前提とされているので、「カーオーディオ・プロショップ」に行かないことには手にできない。なので、興味があればぜひお近くの取り扱い店まで問い合わせをしてみよう。ちなみにカーオーディオ専門サイト『PUSH ON! マイカーライフ』の登録店のほぼすべてで取り扱っているはずだ。

システムをある程度本格化させていて、しかしそこからもう1ランク上のサウンドを得たいと思ったときには特に、『電磁波吸収アーシングボード』が頼りになる。覚えておこう。


《太田祥三》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集