東武の新型スペーシアは2023年7月15日から運行…愛称は『SPACIA X』

N100系のエクステリア。側窓は鹿沼組子の象徴的な「X」模様をモチーフとしている。
  • N100系のエクステリア。側窓は鹿沼組子の象徴的な「X」模様をモチーフとしている。
  • 『SPACIA X』のロゴマーク。「X」は鹿沼組子の模様のほか、新型車両による旅体験(Experience)、新型車両が提供するさまざまな価値(Excellent, Extra, Exciting, Extreme, Exceed)、新型車両が文化や人々が交わり(cross = 「X」)縁をつくる存在であること、未知なる(X)可能性を秘めた存在であることが着想となっている。
  • N100系『SPACIA X』のレイアウト。総座席数は212。全車に除菌消臭機能持つ空気清浄機を搭載し、感染防止に努めるとしている。
  • 号車ごとに異なるN100系の個性的な車内。
  • 1号車「コックピットラウンジ」に設けられるカフェカウンターのイメージ。クラフトビール「Nikko Brewing」やクラフトコーヒー「日光珈琲」などが提供される。
  • N100系『SPACIA X』の料金。

東武鉄道(東武)は7月15日、100系『スペーシア』の後継車両であるN100系を2023年7月15日から運行すると発表した。

N100系は6両編成で、東武日光方から1号車がカフェカウンター付きの「コックピットラウンジ」、2号車が「プレミアムシート」、3・4号車が「スタンダードシート」、5号車が「ボックスシート」と「スタンダードシート」、6号車が7人用個室と4人用個室からなる「コックピットスイート」からなり、最上級の「コックピットスイート」では前位にある7人用個室から前面展望や側面展望を楽しめる。

号車ごとに異なるN100系の個性的な車内。号車ごとに異なるN100系の個性的な車内。1号車「コックピットラウンジ」に設けられるカフェカウンターのイメージ。クラフトビール「Nikko Brewing」やクラフトコーヒー「日光珈琲」などが提供される。1号車「コックピットラウンジ」に設けられるカフェカウンターのイメージ。クラフトビール「Nikko Brewing」やクラフトコーヒー「日光珈琲」などが提供される。

6月からは4つの候補を特設サイト上でひとつ選ぶ形で愛称の選定募集が行なわれたが、2万人を超える応募のなかから特急スペーシアの正統進化を想起させる愛称として『SPACIA X(スペーシア エックス)』が選ばれた。

浅草~東武日光・鬼怒川温泉間で1日2~4往復運行され、週末は4往復運行される。特急料金はスタンダードシートが1940円、プレミアムシートが2520円で、コックピットラウンジ、ボックスシート、コンパートメント、コックピットスイートの利用にはスタンダードシートの料金に特別座席料金が加算される。

N100系『SPACIA X』の料金。N100系『SPACIA X』の料金。N100系『SPACIA X』のレイアウト。総座席数は212。全車に除菌消臭機能持つ空気清浄機を搭載し、感染防止に努めるとしている。N100系『SPACIA X』のレイアウト。総座席数は212。全車に除菌消臭機能持つ空気清浄機を搭載し、感染防止に努めるとしている。

なお、東武トップツアーズ、クラブツーリズム、エイチ・アイ・エスでは、すでに『SPACIA X』の乗車ができるツアーの募集を行なっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集