郵便局のスペースを活用、移動販売を開始 ローソン

ローソンの移動販売車(イメージ)
  • ローソンの移動販売車(イメージ)
  • 今回移動販売専用店舗拠点が設置される、南魚沼市の越後上田郵便局
  • ローソンの移動販売車(イメージ)
  • ローソンの移動販売車(イメージ)

コンビニエンスストアを展開するローソンは7月4日から、新潟県南魚沼市にある越後上田郵便局の倉庫を利用し、対面販売を実施しない「移動販売専用店舗」の運用を開始する。

ローソンは2013年より移動販売を開始し、これまでも35都道府県の約100店舗で、買い物が困難な地域に向けて展開してきた。しかし、既存の店舗で商品を移動販売車両に積み込んでいたため、移動販売を行うためには周辺地域に既存のローソン店舗が存在している必要があった。

そこで、郵便局の空きスペースを「移動販売専用店舗」とし、周辺にローソン店舗が無い地域であっても移動販売を可能とした。このような移動販売専用店舗の運用は、ローソンとして初になるという。

ローソンは、今後は郵便局内に商品の売り場を設置するなど、地域の社会課題の解決と同時に、利用者の利便性の向上も目指していくとしている。

■実施日:月~金曜日
■実施時間:10時00分~16時10分の間(曜日により異なる)
■移動販売実施者:ローソンJPローソン移動販売専用店
(フランチャイズオーナー:株式会社郵便局物販サービス)
■実施地域:南魚沼市上田地区の19か所
■品目数:約300種類(おにぎり、サンドイッチ、お菓子、飲料など)
地元スーパーと連携した商品(野菜、果物、肉など)も販売


マルカ(Maruka) フリクション ハイゼットトラック
¥1,191
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《中野 龍太》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集