VWの新世代EV、初のセダンは『ID.エアロ』 6月27日発表へ

フォルクスワーゲン ID.エアロ のティザースケッチ
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ のティザースケッチ
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ のティザースケッチ
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ のティザースケッチ
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ のティザースケッチ
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ のティザースケッチ
  • フォルクスワーゲン ID.エアロ のティザースケッチ

フォルクスワーゲンは6月22日、新型EVセダンの『ID.エアロ』(Volkswagen ID. AERO)を6月27日、初公開すると発表した。同車のティザースケッチを公開している。

ID.エアロは、フォルクスワーゲン初のEVリムジンとして開発が進められている。フォルクスワーゲンの新世代EVシリーズ、「ID.」ファミリー初のセダンでもある。

ID.エアロは、流れるようなラインと充分なスペースを備えたダイナミックな4ドアセダンだ。最初に投入される中国市場では、アッパーミドルクラスに属する。フロントやルーフの空力デザインがエネルギー消費を削減し、航続を伸ばすのに役立つという。

ID.エアロは2023年後半、まずは中国市場で発売される予定。北米や欧州市場向けのモデルは、2023年内に発表する計画だ。北米や欧州市場向けのID.エアロは、ドイツ・エムデン工場で生産する、としている。



《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集