レンタカー・カーシェア車内で情報提供…観光MaaSで NTTデータ

観光MaaSサービス「モビコマ」
  • 観光MaaSサービス「モビコマ」

NTTデータは、自動運転時代を見通して車内空間でのサービス提供に特化した観光MaaS(モビリティアズアサービス)サービス、「モビコマ」のベータ版を沖縄で6月15日にリリースする。5月20日に発表した。

モビコマは車内に複数設置された専用タブレットを通して同乗者全員が同じ情報を共有しながら、旅のプランの設定や、位置情報、目的地を元におすすめスポットの情報を提供する。

レンタカー・カーシェア事業者がサービスを取り込むことで、移動手段の提供に、顧客への新しい付加価値提供や車内の顧客接点を生かした新たな収入源の創出が可能になる。

オリックス自動車は6月から9月にかけて一般の旅行客数千人を対象に、那覇空港近辺でレンタカーに同サービスを導入する。観光事業者、自治体が新たな観光サービスを提供することにも活用できる。

NTTデータは、2023年度にモビコマの商用化を目指し、レンタカー・カーシェア事業者の利用事業者の拡大を目指す。また、自家用車への展開や自動運転車への搭載に向けて、自動車メーカーとも検討を進めていく。


《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集