高速道路「渋滞予測カレンダー」提供開始…2か月先まで対応 カーナビタイム

(イメージ)
  • (イメージ)
  • 渋滞予測カレンダーと渋滞予測グラフ

ナビタイムジャパンは4月27日、カーナビアプリ「カーナビタイム」にて、全国の高速道路を対象とした「渋滞予測カレンダー」の提供を開始した。

新機能では、全国の高速道路における2か月先までの渋滞予測をカレンダー上の4段階のアイコンで確認できる。日にちをタップすると、上りと下りそれぞれの1時間ごとの混雑(オレンジ)・渋滞(赤)予測が確認可能。何時ごろ出発すれば渋滞を避けられるかを、アイコンの色やグラフで視覚的にわかりやすく表示する。

この渋滞予測情報は、ナビタイムジャパンが提供するカーナビアプリを利用しているユーザーの走行実績ログデータをもとに、独自開発したアルゴリズムを用いて提供している。これまでは、ゴールデンウィークやお盆の時期に、期間限定で主要な高速道路の渋滞予測を提供してきたが、特定の時期だけでなくいつでも、日本全国の高速道路の渋滞予測を確認できるようになる。

新機能は無料で利用可能。ナビタイムジャパンでは今後、カーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」でも提供する予定だ。


《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集