東北新幹線の不通区間は郡山-一ノ関間に…全線再開は4月20日めど 福島県沖地震

3月21日13時時点の被災状況。新たに脱線車両上部の電柱に被害が確認されている。
  • 3月21日13時時点の被災状況。新たに脱線車両上部の電柱に被害が確認されている。
  • 3月22日以降の東北新幹線運行計画。
  • 3月22日からの東北本線郡山~仙台間臨時快速時刻。
  • 3月22日からの東北本線仙台~一ノ関間臨時快速時刻。

JR東日本は3月22日、福島県沖地震により被災した東北新幹線の不通区間を那須塩原~盛岡間から郡山~一ノ関間に縮小した。

点検作業が3月21日でほぼ終了したことによる措置で、残る区間のうち郡山~福島間は4月2日頃、仙台~一ノ関間は4月4日頃の再開が計画されており、4月20日前後の全線再開を目指して復旧工事を進めるとしている。

3月22日以降の東北新幹線運行計画。3月22日以降の東北新幹線運行計画。
脱線現場での復旧作業の様子。

このため、那須塩原~郡山間と一ノ関~盛岡間では臨時ダイヤでの運行となっており、東北新幹線を走行する山形新幹線『つばさ』、秋田新幹線『こまち』も臨時ダイヤにより線内での折返し運行となっている。

3月22日からの東北新幹線臨時ダイヤ。

一方、在来線では東北新幹線の代替として、東北本線郡山~仙台~一ノ関間で臨時快速の運行を行なっている。

3月22日からの東北本線郡山~仙台間臨時快速時刻。3月22日からの東北本線郡山~仙台間臨時快速時刻。
3月22日からの東北本線仙台~一ノ関間臨時快速時刻。3月22日からの東北本線仙台~一ノ関間臨時快速時刻。

また、常磐線は富岡~新地間で運行を見合わせていたが、3月22日からは富岡~原ノ町間の運行を再開しており、残る原ノ町~新地間については、復旧作業が順調に進めば3月24日に再開できる見込みだとしている。原ノ町~岩沼(仙台)間では臨時ダイヤでの運行となっている。

なお、他交通機関による首都圏~東北間の代替輸送については、全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、フジドリームエアラインズ(FDA)の航空各社が仙台~羽田、山形~羽田、いわて花巻~羽田・伊丹・小牧(臨時便)、秋田~羽田の各区間で機材を大型化して対応。高速バスでは仙台、福島、郡山、盛岡、山形などとの路線で増便・続行対応を行なっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集