東日本エリアのSA・PA、進化が止まらない!…トラックドライバーが利用しやすい設備も

蓮田SA(上り線)がNEXCO東日本最大級のエリアに

シャワー設備や宿泊施設なども拡充

フリーペーパーやサイトで最新情報を発信中

2019年7月にオープンした東北自動車道上り線の蓮田S A
  • 2019年7月にオープンした東北自動車道上り線の蓮田S A
  • ネクセリア東日本株式会社 営業部の森岡千草さん
  • 宿泊施設『E-NEXCO LODGE長者原SA店
  • 東日本高速道路株式会社サービスエリア事業本部の関啓介さん
  • ネクセリア東日本株式会社 営業部の多田野聡さん
  • 羽生PA(上り線)鬼平江戸処「五鉄」の一本うどん
  • S A・P Aの旬な情報を掲載するフリーペーパー『ハイウェイウォーカー』を毎月発行
  • S A・P Aの旬な情報を掲載するフリーペーパー『ハイウェイウォーカー』を毎月発行

ドライバーにとってのオアシスともいえる高速道路のサービスエリアSA)・パーキングエリアPA)は、ドライバーの利便性向上を目指し、日々進化を続けている。

全国の高速道路の中で管轄する営業延長が最も長いNEXCO東日本と、SA・PAを管理しているネクセリア東日本に、注目のSA・PAについて話を聞いた。

◆蓮田SA(上り線)がNEXCO東日本最大級のエリアに拡大

―話題のスポットを教えてください。

ネクセリア東日本営業部営業開発課の森岡千草さん(以下敬称略)「2019年7月にオープンした東北自動車道上り線の蓮田SAは、もともとあった位置から東京方面に約2.5km移転しました。従来と比較して、駐車マスの数は約3倍、商業施設の規模は約2倍になり、コンビニエンスストアをはじめ22店舗が出店するNEXCO東日本最大級のエリアになりました」

ネクセリア東日本株式会社 営業部の森岡千草さんネクセリア東日本株式会社 営業部の森岡千草さん

東日本高速道路サービスエリア事業本部サービスエリア事業部サービスエリア事業課の関啓介さん(以下敬称略)「従来の蓮田SAは慢性的に混雑しておりました。混雑しているエリアで多い問題が大型車の駐車マス不足です。大型車の駐車マスが飽和状態になってしまうことで、ランプや路肩などにトラックを停めてしまうという事例が度々発生していました。これは安全上の問題でもあり、蓮田SAの移転にあたっては大型車も含め、駐車マスを増やすということにこだわりました」

◆シャワー設備や宿泊施設なども拡充

ートラックドライバーにとって利用しやすいSA・PAは?

森岡「東北自動車道の安積PA(上り線・下り線)の商業施設内にシャワーが設置されています。利用料金は10分で200円となっています。時間帯によっては列になっていることもあり、利用される方は多いです」

「安積PAには大型車マスが約40台あります。大型車の駐車マスが多く、トラックドライバーの方などが利用しやすい環境になっていると思います」

ネクセリア東日本営業部営業開発課の多田野聡課長(以下敬称略)「当社ではシャワー設備を順次増やしていく計画で、2025年までに10か所展開予定です」

宿泊施設『E-NEXCO LODGE長者原SA店宿泊施設『E-NEXCO LODGE長者原SA店

「そのほか、宿泊施設として『E-NEXCO LODGE長者原SA店、佐野SA店』を東北自動車道の長者原SA(上り線)と佐野SA(上り線)の2か所で展開しています。各施設とも高速道路を降りることなく利用でき、佐野SA店は下り線からでも徒歩で行くことができます」

東日本高速道路株式会社サービスエリア事業本部の関啓介さん東日本高速道路株式会社サービスエリア事業本部の関啓介さん

森岡「ちなみに、京葉道路・幕張PA(上り線)には、2020年10月に無重力マッサージチェアが導入されました。長旅での疲れを癒すためにもぜひ利用していただきたいです」

◆専門店が充実したPasarのほか、ドラマチックエリアも展開

―SA・PAといえばご当地グルメやお土産が充実した大型の商業施設が話題ですよね。

多田野「NEXCO東日本の商業施設のフラッグシップブランドである『Pasar(パサール)』は、京葉道路の幕張PA(上り線・下り線)や関越自動車道の三芳PA(上り線)など、首都圏近郊で7店舗を展開しています。ショッピングモールのように専門店がたくさん入っているのが特徴です。一方で、『ドラマチックエリア』というのは、地域の特色を活かしたSA・PAで、その地域ならではの「旅のドラマ」を演出しています。2020年には、東北自動車道の国見SAの下り線が9月に、上り線が10月にリニューアルオープンしました」

ネクセリア東日本株式会社 営業部の多田野聡さんネクセリア東日本株式会社 営業部の多田野聡さん

多田野「東北自動車道の羽生PA(上り線)の『鬼平江戸処』は、作家・池波正太郎氏の代表作「鬼平犯科帳」の江戸の世界をテーマに演出したエリアです。物語にも登場する軍鶏鍋屋『五鉄』は、そのモデルとなったと言われる日本橋人形町の老舗鳥料理店『玉ひで』監修のもと、特製の軍鶏鍋や一本うどんを提供するほか、2021の2月からは新メニューとして親子丼が登場しました。本物にこだわった江戸の情緒溢れる空間となっています」

羽生PA(上り線)鬼平江戸処「五鉄」の一本うどん羽生PA(上り線)鬼平江戸処「五鉄」の一本うどん

―ちなみにSAとPAの違いとは?

多田野「SAは概ね50kmおき、PAは15kmおきに展開しています。もちろん施設の規模も関係していますが、利用状況に応じてSAでも無人の場合があったり、首都圏近郊のPAは比較的規模が大きかったり、提供しているサービスの内容で区別することは難しいです」

フリーペーパーやサイトで最新情報を発信中!

森岡「NEXCO東日本では、料金・ルート検索やSA・PAの情報が検索できるWEBサイト『ドラぷら』を運営しております。加えて、SA・PAの旬な情報を掲載するフリーペーパー『ハイウェイウォーカー』を毎月発行しています。こちらでは、おすすめグルメやお土産品の特集、施設のリニューアルオープン情報などを掲載しています。そのほか、ハイウェイウォーカー公式TwitterなどのSNSでもSA・PAの旬な情報発信していますので、ぜひご覧ください」

S A・P Aの旬な情報を掲載するフリーペーパー『ハイウェイウォーカー』を毎月発行S A・P Aの旬な情報を掲載するフリーペーパー『ハイウェイウォーカー』を毎月発行S A・P Aの旬な情報を掲載するフリーペーパー『ハイウェイウォーカー』を毎月発行S A・P Aの旬な情報を掲載するフリーペーパー『ハイウェイウォーカー』を毎月発行
《保知 明美》

編集部おすすめのニュース

特集