マツダ CX-8、最上級グレードと特別仕様車のエンジンラインアップを拡充

マツダ CX-8 25S エクスクルーシブモード
  • マツダ CX-8 25S エクスクルーシブモード
  • マツダ CX-8 25T ブラックトーンエディション

マツダは1月14日、3列シートクロスオーバーSUV『CX-8』の「エクスクルーシブモード」に2.5リットルガソリンモデルを、また特別仕様車「ブラックトーンエディション」に2.5リットルガソリンターボモデルを追加し、予約受付を開始した。発売は1月下旬を予定している。

エクスクルーシブモードは2列目シートに電動スライド&リクライニング機構や電動スライドガラスサンルーフなどを備えるCX-8の最上級グレード。またブラックトーンエディションは内外装をブラック基調としたスポーティなな特別仕様車。今回の追加設定により、両モデルとも3種類のエンジン(SKYACTIV-G 2.5、SKYACTIV-G 2.5T、SKYACTIV-D 2.2)が選択可能となった。

CX-8エクスクルーシブモードの価格は421万5200円から469万3700円、ブラックトーンエディションは409万8600円から458万2600円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集