ネットで認知機能検査を予約…高齢者の運転免許更新 警視庁

鮫洲運転免許試験場
  • 鮫洲運転免許試験場
  • 認知機能検査予約の画面イメージ
  • 認知機能検査予約の画面イメージ

NECは1月4日、警視庁向けに、75歳以上の高齢者が運転免許更新時に受ける認知機能検査時、電話予約に加えスマートフォンやパソコンからインターネットで24時間予約を受付するシステムを構築し、都内の運転免許試験場で運用を開始したと発表した。

運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上の高齢者に義務付けられている認知機能検査は、これまで年間約11万件の予約を電話で受け付けていた。電話は予約受付の時間が限られ、コールセンター職員の業務にも大きな負担となっている。

今回、システムの構築によって検査対象の高齢者や家族がインターネットで予約ができるため、利便性向上に寄与するのに加え、コールセンター職員の業務効率化に貢献するとしている。

NECは今回のシステムをはじめとするデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するソリューションやサービスの開発を加速し、高齢化社会に向けた安全・安心な街づくりに貢献するとしている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集