車内のウイルスや臭い対策に、低濃度オゾン発生器発売へ…コムテックと医療用オゾン製品メーカーが開発

コムテック スポンサー契約選手 渋野日向子プロ
  • コムテック スポンサー契約選手 渋野日向子プロ
  • 車載用低濃度オゾン発生器「JD1000」
  • 車載用低濃度オゾン発生器JD1000」
  • 車載用低濃度オゾン発生器「JD1000」 製品特徴
  • 公的機関にも多数の採用実績があるタムラテコとの共同開発

コムテックと医療用オゾン製品メーカーのタムラテコは、車載用低濃度オゾン発生器「JD1000」を共同開発。12月17日より販売を開始する。

タムラテコは、全国で2000台以上の救急車にオゾン発生器の搭載実績がある医療用オゾン製品メーカーだ。今回、コムテックが長年培ってきた車載製品技術とオゾン発生器リーディングメーカーであるタムラテコの製品開発・製造技術を融合。清潔な室内環境を求めるユーザーニーズに応える新たな製品を開発した。

新製品JD1000は、低濃度オゾンガスでたばこ臭やエアコン臭など、車内6大付着臭を消臭する。また、コンパクトカーからミニバンまで、車のサイズに合わせた設定ができ、付属のバッテリーユニットを使用すれば、最大12時間の動作が可能。停車中など、電源供給がない場合も清潔な車内環境を演出する。さらに市販のUSB電源にも対応。自身のデスク回りやお出かけ先のホテルなど好きな場所で手軽にウイルス・菌・ニオイ対策を行うことができる。

本体サイズは幅48×高さ100×奥行47mm。価格は3万1680円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース